成果を上げる営業チラシの作成&活用術!デザインから配布まで徹底解説 - 株式会社デザインのちから
お問い合わせ

ビジネスのちからに。広告・デザインの考え方。

成果を上げる営業チラシの作成&活用術!デザインから配布まで徹底解説

はじめに

営業チラシは、企業や個人が商品やサービスを効果的に宣伝する手段として利用されている。本記事では、効果的な営業チラシの作成方法から配布方法、さらに飛び込み営業での活用方法などを解説していく。営業現場で効果を発揮するためのポイントも紹介するので、営業チラシで 成果を上げたい方はぜひ参考にしてほしい。また、営業代行会社の利用方法や飛び込み営業のコツについても触れていく。

効果的な営業チラシの作成方法

design

営業チラシのデザイン

効果的な営業チラシを作成するためには、まずターゲットに合わせたデザインが重要である。企業や商品のイメージに合った色やフォントを使い、視覚的に訴求できるように工夫する。また、ターゲットの年齢や性別、好みに合わせて、画像やイラストを載せることで、より興味を引くことができる。

また、チラシのレイアウトは、情報が整理されていて読みやすいものにすることが大切である。情報を効果的にまとめたチラシは、相手に伝わりやすくなり、認知度や反響が高まる可能性がある。

営業チラシの内容

営業チラシの内容に関しては、5W1H(誰が・何を・いつ・どこで・なぜ・どのように)の情報が明確に伝わるようにすることが重要である。例えば、製品の説明やサービスの特徴、価格、連絡先などを記載し、顧客がチラシを見ただけで製品やサービスについて理解できるようにする。

また、企業や個人をアピールする自己紹介を入れることも効果的である。写真や名前、担当者の連絡先を記載することで、顧客との親近感を生み、信頼感が高まることが期待できる。

チラシの配布方法

marketing

ポスティングの工夫

チラシを手に取ってもらうためには、配布方法にも工夫が必要である。ポスティングする際に、封筒に入れることや、チラシを折らずに投函することで、開封率を上げることができる。また、封筒やチラシの表面に「※重要」と記載することで、相手が注意を引き、チラシを開封してもらいやすくなる。

さらに、配布するエリアやタイミングにもこだわることで、効果が上がることがある。例えば、ターゲットの年齢層や職業に合った地域に絞ってチラシを配布し、必要とするタイミングに合わせて投函することが効果的である。

数字化された戦略

チラシの反響を考慮した数量の配布が理想的である。また、一度の投函よりも、複数回投函することでチラシが目立ちやすく、反響が期待できる。

詳細な配布エリアの情報やターゲット層のデータを使用して配布計画を立てることも有効である。顧客がどのようなエリアで営業チラシにアクセスしやすいかを把握し、各エリアの消費特性やライフスタイルを考慮に入れることで、配布戦略を効果的に立てることができる。

飛び込み営業でのチラシ活用

flyer

個人営業でのチラシ活用

飛び込み営業では、名刺と一緒にチラシを渡すことが効果的である。直接顧客とのコミュニケーションが可能であり、チラシを見ながら商品説明をすることができる。また、チラシの中には自己紹介や連絡先が記載されているため、将来的なアプローチに繋がることがあり得る。

個人営業での飛び込みでは、チラシを常に持ち歩くことが非常に重要である。見込み客がどこにでもいる可能性があるため、チラシを手元に置いておくことで、いつでもアピールができる。

法人営業でのチラシ活用

法人営業で飛び込み営業を行う場合は、会社への訪問が不可欠である。しかしながら、いきなり訪問しても相手にしてもらえないことが多いため、受付で名刺とチラシを渡すことが重要である。受付担当者は来客対応で忙しくしていることが多いため、チラシを通じて情報が簡潔に伝わることで時間効率を考慮し、好印象を与えることができる。

また、チラシには企業の特徴やサービス内容、担当者の連絡先などが記載されているため、相手が後で確認する際にも便利であり、商談に繋がる可能性が高まる。

営業代行会社との取り組み

business

KAITAK(カイタク)の活用方法

営業チラシの効果が出ない場合は、営業代行への依頼がおすすめである。KAITAK(カイタク)は実績豊富な営業代行会社であり、フォーム営業を主軸として顧客獲得をサポートしてくれる。また、営業活動が月1回の戦略会議を実施し、売れる営業のノウハウを学びながら成果の強化を目指すことができる。

トライアルプランでは、1万円で100件のアプローチが可能であることから、積極的に利用することがおすすめである。また、カイタクはフォーム送信自動化ツールや従来の送信代行企業とは異なり、主にライティング(訴求メッセージの作成)とターゲティング(送信先リストの作成)に特化している。

カイタクのマルチチャネル営業

カイタクでは、フォーム送信や手書き風手紙、FAX DMなど、複数のコミュニケーション媒体を組み合わせた「マルチチャネル営業」も得意としている。これにより、新規営業のアポ獲得の成功率が向上し、効果的な営業活動が実現できる。

法人向けビジネスの現場では、カイタクは顧客としっかりと向き合い、仮説検証や改善策を考案し、勝ちパターンを見つけ出すサポートをしてくれる。新しい新規顧客開拓手法をお探しの方は、まずは資料請求にトライしてみることがおすすめである。

まとめ

営業チラシは、効果的なデザインや内容を盛り込むことで、企業や個人の商品やサービスを効果的に宣伝することが可能である。また、チラシの配布方法にも工夫を凝らし、飛び込み営業で積極的に活用することで、より多くの新規顧客獲得が期待できる。

また、営業チラシの効果が出ない場合には、営業代行会社の活用も検討すると良いだろう。営業代行会社であるカイタクは、フォーム営業を始めとしたマルチチャネル営業で効果的な営業活動をサポートしてくれる。営業チラシでの効果を更に高めたい方は、ぜひ本記事で紹介したポイントやカイタクの活用を検討してみてほしい。

よくある質問

Q1: 営業チラシの効果的な作成方法はありますか?

A1: 営業チラシを効果的に作成するためには、ターゲットに合わせたデザインを重視しましょう。色やフォントを使い、視覚的に訴求できるように工夫してください。また、情報が整理されていて読みやすいレイアウトにすることも大切です。

Q2: 営業チラシの内容に何を記載すれば良いですか?

A2: 営業チラシの内容には、製品やサービスの説明や特徴、価格、連絡先など、5W1H(誰が・何を・いつ・どこで・なぜ・どのように)情報を明確に伝えるようにしましょう。また、自己紹介も入れることで企業や個人をアピールし、信頼感を高めることができます。

Q3: 営業チラシの配布方法には工夫が必要ですか?

A3: ポスティングする際には、封筒に入れることや折らずに投函することで開封率を上げることができます。さらに、封筒やチラシに「※重要」と記載することで、相手が注意を引きやすくなります。また、配布するエリアやタイミングにもこだわることで効果を高めることができます。

Q4: 飛び込み営業で営業チラシを活用する方法はありますか?

A4: 飛び込み営業では、名刺と一緒にチラシを渡すことが効果的です。直接顧客とのコミュニケーションが可能であり、チラシを見ながら商品説明をすることができます。また、個人営業では常にチラシを持ち歩くことが重要です。

Q5: 法人営業で営業チラシを活用するにはどうすればいいですか?

A5: 法人営業での営業チラシ活用では、訪問時に受付で名刺とチラシを渡すことが重要です。受付担当者は忙しいため、情報を簡潔に伝えることで好印象を与えることができます。また、チラシには企業の特徴やサービス内容、担当者の連絡先を記載しておくと便利です。

Q6: 営業代行会社の活用方法にはどのようなものがありますか?

A6: 営業代行会社の活用方法として、KAITAK(カイタク)の利用がおすすめです。KAITAKは実績豊富な営業代行会社であり、フォーム営業を主軸に顧客獲得をサポートしています。また、マルチチャネル営業など新しい手法も提供しています。

チラシ新着記事

           
  • 本社所在地 :〒479-0055 愛知県常滑市広内15-5
  • 制作オフィス:〒479-0863 愛知県常滑市西之口7丁目126
  • 営 業 時 間  :9:00〜18:00
  • 電 話 番 号  :0569-76-0654
チラシビス

会社概要 実績 セールス支援 マーケティング支援 ブランディング支援 記事一覧

X