チラシの言い換え術!反響率UP例文集|デザインのコツも解説 - 株式会社デザインのちから
お問い合わせ

ビジネスのちからに。広告・デザインの考え方。

チラシの言い換え術!反響率UP例文集|デザインのコツも解説

チラシの言い換え術!反響率UP例文集|デザインのコツも解説

「また今日もチラシの山だ…」そんな風に思いながら、手に取ったチラシをサッと見てゴミ箱へ直行させていませんか? 日々、数えきれないほどの広告が世の中に溢れる中、人の目に止まり、心を動かすチラシを作ることは容易ではありません。特に、不動産や住宅情報誌など、多くの競合が存在する業界においては、ありきたりなキャッチコピーやデザインでは、顧客の関心を引き寄せ、反響を得ることは難しいでしょう。「チラシをせっかく作っても、なかなか問い合わせに繋がらない…」そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?実は、チラシの内容や構成は良くても、言葉の選び方一つで、顧客に与える印象は大きく変わります。
例えば、「駅近の物件です」と書くよりも、「駅まで徒歩5分!通勤・通学に便利な好立地」と表現するだけで、具体的なイメージが湧きやすくなり、読み手の心を惹きつけることができます。
さらに、ターゲット層に合わせた言葉選びも重要です。 ファミリー層向けに「広々としたリビング」と訴求するよりも、「家族みんなが笑顔になれる、陽だまりのリビング」と表現することで、より感情に訴えかける効果が期待できます。言葉の言い換えは、まるで魔法のように、あなたのチラシを輝かせる力を持っています。 本記事では、チラシの表現力を高め、反響率をアップさせるための「言葉の言い換え術」について、具体的な事例を交えながら解説していきます。あなたのチラシが、顧客の心を掴む、唯一無二の存在になるように。 この機会に、言葉の力を最大限に活用するテクニックを身につけてみませんか?

チラシビズ

1. チラシの言い換えが重要な理由とは?

魅力的なチラシを作る上で、頭を悩ませるのが言葉選びではないでしょうか? ありきたりな表現だけでは、他のチラシの山に埋もれてしまい、なかなか人の目に止まりません。 そこで重要になるのが「言い換え」です。 チラシで使う言葉を変えるだけで、顧客の心に響く、印象的なチラシを作成することができます。

1-1. ありきたりな表現では埋もれてしまう!

毎日、多くのチラシがポストに投函されていますよね。 その中で、あなたのチラシを読んでもらうためには、他のチラシと差別化し、目に止まるようにする必要があります。 しかし、ありきたりな言葉や表現ばかりでは、顧客の関心を引き付けることは難しく、せっかくのチラシも埋もれてしまう可能性があります。

1-2. 顧客の心に響く言葉で差別化を

チラシは、ターゲットとなる顧客に情報を効果的に伝えるための重要なツールです。 そのため、顧客の心に響く言葉を選ぶことが重要になります。 具体的にイメージしやすい言葉や、感情に訴えかける言葉を使うことで、顧客の心を動かし、行動を促す効果が期待できます。

1-3. 反響率アップに繋がる言い換えテクニックを紹介

この章では、チラシでよく使われる表現を、より魅力的に言い換えるテクニックを紹介していきます。 具体的な例を通して、顧客の心を掴むチラシ作成のポイントを押さえましょう。

チラシビズ

2. チラシでよく使う言葉の言い換え例

ここでは、不動産チラシを例に、よく使われる言葉の言い換え例を紹介します。

2-1. 物件の特徴を効果的に伝える言い換え

ただ「広い」と書くのではなく、具体的なイメージを膨らませる言葉に言い換えることで、顧客の心を惹きつけやすくなります。

言葉 言い換え例
広い 広々とした開放感!ゆとりの空間設計
明るい 陽光あふれる明るいリビング
静か 静寂に包まれた落ち着いた住環境
新しい ついに入居開始!新築ならではの美しさ
リフォーム済み 新生活を快適に!リフォーム済み物件

2-2. 顧客のメリットを強調する言い換え

顧客が物件を探す際に重視するポイントを明確に伝えることで、ニーズに合致していることをアピールできます。

言葉 言い換え例
駅近 駅まで徒歩〇分!通勤・通学に便利
買い物便利 スーパー、コンビニまで徒歩圏内!
充実設備 快適な暮らしを叶える充実設備!
セキュリティ充実 安心して暮らせるセキュリティ体制
ペット可 大切な家族の一員と一緒に暮らせるペット可物件

2-3. 行動を促す言葉の言い換え

顧客が行動を起こしやすいように、具体的に行動を促す言葉を選びましょう。

言葉 言い換え例
お問い合わせ まずはお気軽にお問い合わせください!
資料請求 詳細資料をご用意しております!
来場予約 現地見学会開催!ご予約受付中!

その他にも、以下のような言い換えも効果的です。

  • ● 「安い」→「お求めやすい価格」
  • ● 「お得」→「初期費用を抑えて新生活を始められます」

これらの言い換え例を参考に、ターゲットや物件の特徴に合わせて、より魅力的な表現を心がけてみましょう。

チラシビズ

3. チラシ作成に役立つ!言い換え表現集

チラシで効果的な言い換え表現を、ターゲット別・シーン別にご紹介します。

3-1. ターゲット別!効果的な言い換え表現

ターゲット層によって響く言葉は異なります。 それぞれの層に合わせた訴求を意識しましょう。

単身者向け

  • ● 仕事や趣味に集中できる快適な空間
  • ● スタイリッシュなデザインでワンランク上の暮らしを
  • ● セキュリティ充実で安心・安全な毎日を
  • ● 駅近で通勤らくらく

ファミリー向け

  • ● 家族みんなが笑顔になれる広々とした空間
  • ● お子様の成長を見守る安心設計
  • ● 充実した収納スペースで快適な暮らし
  • ● 公園が近く、子育てしやすい環境

シニア向け

  • ● ゆったりとくつろげる、穏やかな毎日を
  • ● バリアフリー設計で安心・安全に配慮
  • ● 病院やスーパーが近く、生活便利な環境
  • ● 日当たり良好で明るい住まい

3-2. シーン別!魅力を伝える言い換え表現

部屋ごとの魅力を伝えるには、具体的なイメージを掻き立てる言葉を選びましょう。

リビング

  • ● 家族団らんのひとときを過ごす、広々としたリビング
  • ● 陽光あふれる明るいリビングダイニング
  • ● こだわりのインテリアが映える、おしゃれなリビング

キッチン

  • ● 家族との会話を楽しみながら料理ができる対面キッチン
  • ● 使い勝手の良いシステムキッチン
  • ● 収納スペースが充実した、機能的なキッチン

バスルーム

  • ● 一日の疲れを癒す、ゆったりとしたバスタイムを
  • ● 足を伸ばしてくつろげる広々バス
  • ● 清潔感あふれる、ホテルライクなバスルーム

3-3. チラシ作成に活用できる!無料ツール

  • ● Canva: デザインテンプレートが豊富
  • ● Adobe Express: 初心者でも使いやすい
  • ● Pablo: 簡単に画像付きチラシを作成可能
チラシビズ

4. チラシデザインのコツ

魅力的な言葉選びと合わせて、チラシのデザインにもこだわってみましょう。 いくら良い情報が書かれていても、デザインがイマイチでは、読んでもらえない可能性があります。 読み手の心を掴む、効果的なチラシデザインのコツを、具体的にご紹介していきます。

チラシ

4-1. ターゲットに合わせたデザインを意識する

誰に伝えたいチラシなのか?ターゲット層を明確にすることが、デザインの第一歩です。ターゲット層によって、好まれやすいデザインや、興味を引くポイントは大きく異なります。例えば、ファミリー層向けのチラシであれば、暖色系の色使いで親しみやすい雰囲気のデザインが効果的です。 また、家族で過ごすシーンをイメージできるような写真やイラストを使用するのも良いでしょう。一方、単身者向けであれば、スタイリッシュなデザインや、落ち着いた色使いが好まれやすくなります。 一人暮らしの快適さをイメージできるような写真やイラストを選ぶと効果的です。

4-2. 写真やイラストを効果的に活用する

人は、文字だけの情報よりも、視覚的に訴えかける情報の方が記憶に残りやすい傾向があります。 そのため、チラシに写真やイラストを効果的に活用することで、読者の目を惹きつけ、情報をより印象的に伝えることができます。物件の外観や内観の写真はもちろんのこと、間取り図や周辺環境の写真なども効果的です。 周辺環境の写真には、スーパーやコンビニ、公園など、生活に密着した情報を盛り込みましょう。また、イメージキャラクターやイラストを使用するのも良いでしょう。 特に、親しみやすさを演出したい場合は、イラストの活用が有効です。

4-3. レイアウトやフォントにもこだわる

読みやすいチラシを作るためには、レイアウトやフォント選びも重要です。 情報を整理し、見出しや空白を効果的に使うことで、読みやすさが格段に向上します。

ゴシック体や明朝体など、フォントによって印象も大きく変わるため、チラシの内容やターゲット層に合ったフォントを選びましょう。 例えば、ファミリー層向けには丸ゴシック体など、柔らかく親しみやすい印象のフォントが、単身者向けにはゴシック体など、スタイリッシュで洗練された印象のフォントが適しています。

さらに、以下の点にも注意することで、より効果的なチラシを作成できます。

  • 情報量のバランス
  • 情報が多すぎると逆効果になることも。重要な情報を絞り込み、簡潔にまとめましょう。
  • 色のコントラスト
  • 背景色と文字色の組み合わせによって、見やすさが大きく変わります。コントラストが強すぎると読みづらくなってしまうため、バランスに注意しましょう。
  • 印刷の品質
  • せっかくのデザインも、印刷の品質が悪ければ台無しに。高品質な印刷を心がけましょう。
チラシビズ

5. チラシの効果を最大化する活用法

せっかく作成したチラシですから、より多くの人に届き、反響に繋げたいですよね。 ここでは、チラシの効果を最大限に引き出す活用法について解説していきます。

5-1. ターゲットを絞った配布

闇雲にチラシを配布するよりも、ターゲットを絞り込むことで、より効果的に顧客にアプローチできます。例えば、ファミリー層向けの物件のチラシであれば、小学校や幼稚園、公園の近くで配布したり、単身者向けの物件であれば、駅周辺や大学周辺に絞って配布したりするといった方法が考えられます。また、ポスティング会社に依頼する際には、配布エリアの demographics データを参考にしたり、特定の条件(持ち家率や世帯年収など)で絞り込みをかけたりすることで、よりターゲットに合致した配布が期待できます。

5-2. WebサイトやSNSとの連携

チラシにWebサイトやSNSのQRコードを掲載することで、より詳細な情報へと誘導することができます。例えば、物件の詳細情報や写真、動画などをWebサイトに掲載したり、顧客からの問い合わせをWebサイト上で行えるようにしたりすることで、顧客との接点を増やすことが可能になります。また、SNSでチラシの内容の一部を抜粋して紹介したり、キャンペーン情報などを発信したりすることで、より多くの人の目に触れる機会を増やすことができます。

5-3. 効果測定と改善

チラシの効果を最大化するためには、配布後の効果測定を行い、改善策を検討することが重要です。例えば、チラシに掲載したURLにアクセスがあった数を計測したり、問い合わせの際にどの媒体を見て連絡したかを尋ねたりすることで、チラシの効果を客観的に判断することができます。効果測定の結果を踏まえ、反響の少なかったチラシは、デザインや内容を改善したり、配布方法を見直したりするなど、改善を繰り返していくことが重要です。

チラシビズ

6. チラシに関するよくある質問

Q1. チラシでよく使う「新築」という言葉、印象的な言い換え方はありますか?

A1. 「新築」は、物件の魅力を伝える上で効果的な言葉ですが、少しありきたりな印象も与えがちです。そこで、以下のような言い換え表現を使ってみてはいかがでしょうか?

  • ● ついに入居開始!真新しい空間で快適な暮らしを
  • ● 誰もが憧れる新築の輝き
  • ● 最新の設備が充実した新築物件
新築のメリットを具体的に伝えることで、より魅力的に響きます。

Q2. ファミリー層向けのチラシで、メリットを伝えるための効果的な言い換え表現は?

A2. ファミリー層にとって魅力的なのは、子供と安心して暮らせる環境や、家族の時間を大切にできる空間です。例えば、

  • ● 広々リビングで家族団らんの時間を楽しめる
  • ● お子様の成長を見守る、安心・安全設計
  • ● 公園が近く、子育てしやすい住環境
といったように、家族の幸せをイメージできる言葉を使いましょう。

Q3. チラシに掲載する写真の選び方で注意点はありますか?

A3. チラシに掲載する写真は、顧客の心を惹きつけるために重要な要素です。明るい印象を与える自然光で撮影した写真を選ぶようにしましょう。また、広さや雰囲気が伝わるように、アングルにもこだわると効果的です。

Q4. チラシのデザインは、自分で作成した方が良いですか?

A4. デザインソフトの操作に自信がない場合は、プロのデザイナーに依頼するのも一つの方法です。ただし、Canvaなどの無料デザインツールも充実しているので、簡単なチラシであれば自分で作成することも可能です。

Q5. チラシの配布方法は、ポスティング以外にもありますか?

A5. ポスティング以外にも、新聞折り込みや街頭配布など、様々な配布方法があります。それぞれのメリットとデメリットを比較し、ターゲットや予算に合わせて最適な方法を選びましょう。

Q6. チラシの効果測定はどのように行えば良いですか?

A6. Webサイトへのアクセス数や電話問い合わせの数など、具体的な数値で効果を測定しましょう。QRコードを付けておくと、アクセス元が分かりやすくなるのでおすすめです。

チラシビズ

7. チラシの言い換え術まとめ

チラシは、限られたスペースで情報を効果的に伝え、顧客の心を掴むための重要なツールです。 しかし、ありきたりな言葉や表現では、他のチラシに埋もれてしまい、反響を得ることが難しくなります。そこで重要になるのが「言葉の言い換え」です。 本記事では、チラシの表現力を高め、反響率をアップさせるための言い換えテクニックを紹介しました。

ポイントをまとめると以下の通りです。

  1. ● 言い換えの重要性を意識する
  2. ● ターゲットに合わせた言葉を選ぶ
  3. ● 具体的なイメージを掻き立てる
  4. ● 行動を促す言葉を添える
  5. ● デザインにもこだわる
  6. ● 効果測定と改善を繰り返す

1. 言い換えの重要性を意識する

チラシは、ただ情報を羅列するだけでは、顧客の心を動かすことはできません。 顧客の立場に立って、「自分だったらどんな言葉に惹かれるか?」を考えながら言葉を選ぶことが重要です。 ありきたりな表現ではなく、印象に残る言葉で差別化を図りましょう。

2. ターゲットに合わせた言葉を選ぶ

誰に伝えたいチラシなのか?ターゲット層を明確にすることで、効果的な言い換え表現が見えてきます。 例えば、ファミリー層向けであれば「安心・安全」「快適な暮らし」「子育てしやすい環境」といったキーワードを盛り込み、単身者向けであれば「スタイリッシュ」「アクセス抜群」「充実した設備」といった言葉で訴求すると良いでしょう。

3. 具体的なイメージを掻き立てる

「広いリビング」よりも「家族団らんの時間が過ごせる、広々としたリビング」の方が、より具体的なイメージを伝えることができます。 単に事実を羅列するのではなく、五感を刺激するような表現を心がけましょう。

4. 行動を促す言葉を添える

チラシを見た人が、次にどんな行動を起こせば良いのかを明確に示すことが重要です。 「お問い合わせはこちら」「資料請求はこちらから」など、具体的な行動を促す言葉を添えましょう。

5. デザインにもこだわる

チラシは、言葉だけでなく、デザインも重要な要素です。 写真やイラストを効果的に活用したり、レイアウトやフォントを工夫したりすることで、より魅力的なチラシに仕上げることができます。

6. 効果測定と改善を繰り返す

作成したチラシを配布したら、それで終わりではありません。 配布後の効果を測定し、改善点があれば次回に活かしましょう。 アクセス解析ツールなどを活用し、Webサイトへのアクセス数や問い合わせ件数を分析することで、チラシの効果を客観的に評価することができます。

これらのポイントを踏まえ、言葉とデザインの両面から魅力的なチラシを作成し、反響率アップを目指しましょう。

チラシのことはコチラまで

法人営業専門のチラシ制作サービス「チラシビズ」

法人営業専門のチラシ制作サービス「チラシビズ」では、チラシのデザイン・印刷・リストアップ・梱包・発送代行までワンストップで対応いたします。
お客様の大切なメッセージを込めてチラシを作成し、未来の顧客へ直接届けて営業効果の向上につなげます。

お問い合わせはこちら

新着記事

           
  • 本社所在地 :〒479-0055 愛知県常滑市広内15-5
  • 制作オフィス:〒479-0863 愛知県常滑市西之口7丁目126
  • 営 業 時 間  :9:00〜18:00
  • 電 話 番 号  :0569-76-0654
チラシビス

会社概要 実績 セールス支援 マーケティング支援 ブランディング支援 記事一覧

X