【保存版】チラシ作成 の基礎知識とデザインのコツ - 株式会社デザインのちから
お問い合わせ

ビジネスのちからに。広告・デザインの考え方。

【保存版】チラシ作成 の基礎知識とデザインのコツ

【保存版】チラシ作成の基礎知識とデザインのコツ

チラシは、ビジネスや個人の宣伝に欠かせないツールの一つです。
店舗の案内、商品やサービスの紹介、イベントの告知など、様々な目的で使われています。
チラシは、手軽に情報を伝えられる媒体として、幅広い業種で活用されています。 しかし チラシ作成 をするには、デザインやレイアウト、配布方法など、様々な要素を考慮する必要があります。
効果的な チラシ作成 をするためには、ターゲット層に合ったデザインを選び、読みやすく魅力的な情報を載せ、適切な方法で配布することが大切です。 また、チラシ作成には、一定のコストがかかります。
印刷費用や配布費用を考慮し、予算内で最大限の効果を得られるよう工夫することが求められます。 そこで、この記事では、チラシ作成の基礎知識について詳しく解説します。
チラシ作成 のコツやポイントを押さえることで、効果的なチラシ作成をし、集客や売上アップにつなげましょう。

チラシビズ

1. チラシ作成のメリット

チラシは、ビジネスや個人の宣伝に欠かせないツールの一つです。
チラシ作成には、様々なメリットがあります。
ここでは、チラシ作成の主なメリットを紹介します。

1-1. 低コストで効果的な宣伝が可能

チラシは、他の広告媒体と比べて制作費用が比較的安く、印刷枚数によってはさらに1枚あたりの単価を抑えることができます。
テンプレートを利用したり、デザインをシンプルにすることで、制作にかかる時間とコストを最小限に抑えられます。
また、チラシは直接ターゲットとなる顧客へ手渡しすることができるため、高い広告効果が期待できます。
ターゲットに合わせて配布場所を選べば、無駄なく広告費用を活用できます。 さらに、チラシは一度作成すれば長期間使用できるため、長期的な宣伝効果が期待できます。
デザインや配布方法を工夫することで、低コストで効果的な宣伝が可能です。
例えば、期間限定のキャンペーンや割引情報を載せたチラシを配布することで、顧客の関心を引き、店舗への来店や商品の購入を促すことができます。 加えて、チラシは他の広告媒体と組み合わせることで、相乗効果を生み出すことができます。
テレビCMやラジオCMなどの広告と連動させたチラシを作成することで、広告の印象を強化し、より多くの顧客を獲得することが可能です。
また、チラシに掲載したQRコードから、商品の詳細情報や動画を見られるようにすることで、チラシとデジタル媒体を組み合わせた効果的な宣伝が実現できます。 チラシ作成は、低コストで効果的な宣伝を実現するための優れた方法です。
予算が限られている中小企業や個人事業主にとって、チラシ作成は費用対効果の高い宣伝手段と言えるでしょう。
デザインや配布方法を工夫し、他の広告媒体と組み合わせることで、より大きな宣伝効果を得ることができます。

1-2. ターゲットを絞った広告ができる

チラシは、ターゲットとなる顧客層や地域を絞って配布することができます。
例えば、新しいレストランのオープンを知らせるチラシは、レストラン周辺の住宅地に重点的に配布することで、効率的に宣伝できます。
また、商品やサービスの内容に合わせて、年齢層や性別などの特定の顧客層にアプローチすることも可能です。 ターゲットを絞ることで、無駄なく広告費用を活用できます。
チラシのデザインや内容も、ターゲット層に合わせて最適化することができます。
例えば、子育て世代向けの商品やサービスのチラシであれば、子供の写真を使用したり、明るく優しい色合いを使ったりすることで、ターゲット層に訴求力のあるデザインを作成できます。 また、チラシの配布場所を工夫することで、ターゲット層により効果的にアプローチすることができます。
例えば、美容院の宣伝チラシであれば、近隣の女性向けのジムやエステサロンに置いてもらうことで、美容に関心の高い女性層に直接アプローチできます。
同様に、学習塾の宣伝チラシは、近隣の学校や文具店に置いてもらうことで、生徒や保護者に効果的にアピールできます。 ターゲットを絞ったチラシ作成は、限られた予算で最大限の効果を得るための重要な戦略です。
ターゲット層の興味・関心や行動パターンを分析し、それに合わせたデザインや内容、配布方法を選択することで、チラシの効果を最大限に高めることができるでしょう。

1-3. 配布方法の選択肢が豊富

チラシの配布方法は多岐にわたります。
ポスティングや店頭での手渡し、イベント会場での配布など、目的に合わせて最適な方法を選択できます。
ポスティングは、比較的安価で広範囲にチラシを配布できる方法です。
新聞折り込みチラシとして新聞に挟み込んで配布することも可能です。 店頭での手渡しは、チラシを受け取った人との直接的なコミュニケーションが取れるため、商品やサービスについての説明や質問に答えることができます。
また、チラシを手渡しする際に、顧客の反応を直接観察できるため、チラシの内容や効果を評価し、改善につなげることができます。 イベント会場での配布は、イベントの来場者に直接アプローチできるため、ターゲットを絞った宣伝が可能です。
例えば、ペット関連のイベントで、ペット用品店のチラシを配布することで、ペットオーナーに効果的にアピールできます。
また、イベント会場では、チラシを手渡しするだけでなく、ブースを設置して商品やサービスの紹介を行うことで、より強力な宣伝効果が期待できます。 さらに、街頭でのサンプリングや駅前での配布など、人通りの多い場所でチラシを配布することで、多くの人々に商品やサービスを知ってもらうことができます。
ただし、通行人の迷惑にならないよう、配布場所や方法には十分な配慮が必要です。 また、チラシをデジタルデータ化してSNSやメールで送信することも可能です。
オンラインとオフラインを組み合わせた配布戦略を立てることで、より多くの潜在顧客にアプローチできます。
例えば、チラシに QR コードを載せ、スマートフォンで簡単にアクセスできるようにすることで、オンラインでの情報提供や予約・購入につなげることができます。 チラシ配布の選択肢は多岐にわたります。
ターゲット層や予算、目的に合わせて最適な配布方法を選択し、オフラインとオンラインを組み合わせた効果的な配布戦略を立てることが重要です。
配布方法を工夫することで、チラシの到達率を高め、より多くの潜在顧客を獲得することができるでしょう。

チラシビズ

2. チラシデザインのコツ

魅力的なチラシを作成するには、デザインが重要な役割を果たします。
ここでは、効果的なチラシを作成するためのデザインのコツを紹介します。

2-1. 目的に合ったデザインを選ぶ

チラシのデザインを選ぶ際は、まず目的を明確にすることが大切です。
チラシの目的が、商品の販売促進なのか、イベントの告知なのか、ブランドの認知度向上なのかによって、デザインの方向性が変わってきます。
例えば、セールの告知チラシであれば、大きな文字で割引率を強調し、商品の写真を使って視覚的にアピールすることが効果的です。
一方、高級レストランのオープン告知チラシであれば、上品で洗練されたデザインが求められます。 目的に合ったデザインを選ぶことで、チラシの訴求力を高め、ターゲット層に効果的にアプローチすることができます。
デザインを選ぶ際は、ターゲット層の年齢や性別、興味・関心などを考慮し、それに合ったデザイン要素を取り入れることが重要です。 また、チラシのサイズや形状も、目的に合ったものを選ぶ必要があります。
一般的なA4サイズのチラシは、情報量が多く、詳細な説明を載せることができます。
一方、A5サイズのチラシは、手に取りやすく、持ち運びに便利です。
ユニークな形状のチラシ、例えば、円形や三角形のチラシは、他のチラシとの差別化を図ることができます。 目的に合ったデザインやサイズ、形状を選ぶことで、チラシの効果を最大限に引き出すことができます。
ターゲット層の特性を理解し、それに合ったデザインを心がけることが大切です。

2-2. 読みやすく簡潔な情報を心がける

チラシには、伝えたい情報を読みやすく、簡潔にまとめることが求められます。
情報が多すぎたり、文字が小さすぎたりすると、読み手は途中で読むのを諦めてしまうかもしれません。
チラシのデザインは、見やすさを優先し、余白を適度に取り入れることが大切です。 また、重要な情報は大きな文字で強調し、一目で内容が理解できるようにすることが効果的です。
例えば、「期間限定」「新発売」「50%OFF」などのキーワードを大きく目立つように配置することで、読み手の注意を引き付けることができます。 情報の優先順位を考え、重要な情報から順に配置することも大切です。
店舗の場所や営業時間、問い合わせ先などの基本情報は、チラシの下部に配置するのが一般的です。 さらに、情報の整理には、箇条書きやアイコンの使用が効果的です。
箇条書きを使うことで、情報を整理し、読みやすくすることができます。
アイコンを使うことで、視覚的に情報を分類し、読み手の理解を助けることができます。 例えば、飲食店のメニューチラシであれば、料理の写真と一緒に、料理名、価格、アレルギー情報などを箇条書きで表示することで、読み手に必要な情報を的確に伝えることができます。

2-3. 印象に残るビジュアルを使う

チラシは、ビジュアルの印象が大きな影響を与えます。
商品やサービスの魅力を伝えるために、高品質な写真やイラストを使用することが効果的です。
また、色使いにも気を配り、ターゲット層に合った色合いを選ぶことが大切です。 例えば、子供向けのイベントのチラシであれば、明るく鮮やかな色使いが適しています。
一方、高級品の宣伝チラシであれば、シックで落ち着いた色合いが効果的です。
色の心理効果を理解し、ターゲット層に合った色使いを心がけましょう。 また、写真やイラストは、商品やサービスの魅力を最大限に引き出すものを選ぶことが重要です。
人物を起用する場合は、ターゲット層に共感を与えられるような、親しみやすい表情の写真を使うのが効果的です。 写真やイラストの配置も重要なポイントです。
チラシの中央や上部に配置することで、読み手の注意を引き付けることができます。
また、写真やイラストに文字を重ねることで、メッセージを強調することもできます。 ただし、写真やイラストを使いすぎると、かえって情報が伝わりにくくなることがあります。
適度な量と配置を心がけ、情報とビジュアルのバランスを取ることが大切です。

2-4. ブランドイメージを統一する

チラシは、企業やブランドのイメージを伝える重要な媒体の一つです。
チラシのデザインは、企業やブランドのイメージと統一することが大切です。
ロゴやカラーを一貫して使用し、ブランドイメージを強化することが効果的です。 また、チラシのデザインは、他の広告媒体とも統一感を持たせることが重要です。
ウェブサイトやソーシャルメディアなどの デジタル媒体と、デザインの一貫性を保つことで、ブランドの認知度を高めることができます。 統一感のあるデザインは、信頼感や安心感を与え、ブランドの価値を高めることにつながります。
ロゴやカラー、フォントなどのデザイン要素を、ブランドガイドラインに沿って使用することが大切です。 ブランドイメージを統一するためには、デザインの細部にもこだわることが重要です。
例えば、写真やイラストのトーンや雰囲気、文字の書体や大きさ、余白の取り方など、細かな要素も統一感を持たせることが大切です。 また、チラシの素材や質感も、ブランドイメージに影響を与えます。
高級感を演出したい場合は、厚手の用紙や特殊な加工を施すことで、ブランドイメージを強化することができます。 チラシのデザインは、目的に合ったものを選び、読みやすく簡潔な情報を心がけ、印象に残るビジュアルを使い、ブランドイメージを統一することが重要です。


これらのコツを押さえることで、効果的なチラシを作成し、ターゲット層に訴求力のあるメッセージを伝えることができるでしょう。 チラシビズ

3. チラシ作成の方法

チラシを作成するには、いくつかの方法があります。
ここでは、チラシ作成の主な方法を紹介します。
予算や目的、スキルに合わせて、最適な方法を選びましょう。

3-1. テンプレートを活用する

チラシ作成が初めての方や、デザインに自信がない方におすすめなのが、テンプレートの活用です。
多くのオンラインサービスやソフトウェアには、無料または有料のチラシテンプレートが用意されています。 テンプレートを使えば、デザインの基本的な構成やレイアウトが既に設定されているため、文字や画像を差し替えるだけで、簡単にチラシを作成できます。
また、テンプレートは、様々な業種や目的に合わせて用意されているため、自分のニーズに合ったデザインを見つけやすいのも魅力です。 例えば、飲食店のチラシを作成する場合、メニューや料理の写真を掲載したテンプレートを選ぶことで、見栄えの良いチラシを簡単に作成できます。
また、不動産会社のチラシであれば、物件の写真や間取り図を掲載したテンプレートを使うことで、専門的なデザインを手軽に作成できます。 ただし、テンプレートを使う場合は、他社と同じデザインになってしまう可能性があります。
差別化を図るために、テンプレートをカスタマイズすることが大切です。
色やフォント、レイアウトを変更することで、オリジナリティを出すことができます。 また、テンプレートを使う際は、著作権にも注意が必要です。
無料のテンプレートの中には、商用利用が許可されていないものもあります。
利用規約を確認し、適切なテンプレートを選ぶことが重要です。 テンプレートを活用することで、デザインの知識がなくても、手軽にチラシを作成できます。
ただし、オリジナリティを出すためのカスタマイズと、著作権への注意が必要です。

3-2. デザインソフトを使って自作する

デザインの知識やスキルがある方は、デザインソフトを使ってチラシを自作するのがおすすめです。
Adobe IllustratorやPhotoshop、InDesignなどの専門的なソフトウェアを使えば、自由にデザインを作成できます。 自作する利点は、完全にオリジナルのデザインを作れることです。
ブランドイメージに合わせたデザインや、他社との差別化を図ったデザインを作成できます。
また、細部までこだわってデザインできるため、高品質なチラシを作成できます。 例えば、企業のブランドカラーを使ったデザインや、独自のイラストを取り入れたデザインなど、自由な発想でチラシを作成できます。
また、写真の加工や文字の配置など、細かな調整ができるため、より洗練されたデザインを作り上げられます。 ただし、デザインソフトを使いこなすには、一定のスキルと経験が必要です。
操作方法を学ぶ必要があり、時間と労力がかかります。
また、ソフトウェアのライセンス料が必要な場合もあります。 デザインソフトを使う際は、印刷に適したデータ作成にも注意が必要です。
解像度や色域、トンボなど、印刷に関する知識が必要になります。
印刷会社の指定に合わせたデータ作成を心がけましょう。 また、デザインソフトを使う場合は、バックアップを取ることも大切です。
ファイルの破損や誤削除に備えて、定期的にデータをバックアップしておくことが重要です。 デザインソフトを使ったチラシ作成は、オリジナリティの高いデザインを実現できる反面、一定のスキルと経験、コストが必要です。
印刷に適したデータ作成とバックアップにも注意が必要です。

3-3. デザイナーに依頼する

高品質なチラシを作成したい場合は、プロのデザイナーに依頼するのが効果的です。
デザイナーは、デザインの知識と経験を持っているため、ブランドイメージに合わせた魅力的なチラシを作成してくれます。 デザイナーに依頼する利点は、デザインの質の高さです。
デザイナーは、色使いやレイアウト、フォントの選択など、細部にまでこだわってデザインを作成してくれます。
また、印刷に適したデータ作成も行ってくれるため、印刷トラブルを防ぐことができます。 依頼する際は、デザイナーとの綿密なコミュニケーションが重要です。
チラシの目的やターゲット層、伝えたいメッセージなどを明確に伝え、デザイナーと共通理解を持つことが大切です。
また、デザインの進捗状況を確認し、フィードバックを与えることで、満足のいくデザインを得られます。 ただし、デザイナーに依頼する場合は、コストがかかります。
予算に応じて、依頼するデザイナーや依頼内容を検討する必要があります。
また、デザイナーとのコミュニケーションが重要になるため、要望をしっかりと伝える必要があります。 デザイナーを選ぶ際は、ポートフォリオを確認し、自社のイメージに合ったデザインを提供できるかを見極めることが大切です。
また、契約内容や納期、料金体系などを事前に確認し、トラブルを防ぐことが重要です。 デザイナーに依頼することで、高品質なチラシを作成できます。
ただし、コストがかかるため、予算に応じた依頼が必要です。
また、デザイナーとの綿密なコミュニケーションが求められます。

3-4. オンラインサービスを利用する

チラシ作成に特化したオンラインサービスを利用するのも、おすすめの方法です。
Canvaや Adobe Sparkなどのサービスでは、チラシ作成に必要な機能が揃っており、初心者でも簡単に利用できます。 オンラインサービスの利点は、手軽さとコストの低さです。
ブラウザ上で作業ができるため、専用のソフトウェアをインストールする必要がありません。
また、多くのサービスが無料または低価格で利用できます。 オンラインサービスには、豊富なテンプレートやデザイン素材が用意されています。
テンプレートをカスタマイズすることで、オリジナルのデザインを作成できます。
また、写真やイラストなどの素材も豊富に用意されているため、手軽にデザインを作成できます。 例えば、Canvaでは、業種や目的に合わせた多様なテンプレートが用意されており、ドラッグ&ドロップで簡単にデザインを作成できます。
また、Adobe Sparkでは、プロ品質のデザイン素材を使って、洗練されたデザインを作成できます。 オンラインサービスの中には、チラシ作成に特化した機能を提供しているものもあります。
例えば、QRコードの生成や、印刷用のデータ作成など、チラシ作成に必要な機能が揃っているサービスもあります。 ただし、オンラインサービスを利用する場合は、インターネット環境が必要です。
また、サービスによっては、機能や素材が限定されている場合があります。
高度なデザインを作成する場合は、機能が不足する可能性があります。 また、オンラインサービスで作成したデータは、サービス上に保存されるため、セキュリティにも注意が必要です。
機密情報を扱う場合は、セキュリティ対策が十分なサービスを選ぶことが重要です。 オンラインサービスを利用することで、手軽にチラシを作成できます。
豊富なテンプレートと素材を活用できるため、デザインの知識がなくても、見栄えの良いチラシを作成できます。
ただし、インターネット環境が必要で、機能や素材が限定されている場合があります。
また、セキュリティにも注意が必要です。 チラシ作成の方法は、テンプレートの活用、デザインソフトでの自作、デザイナーへの依頼、オンラインサービスの利用など、様々な選択肢があります。
予算や目的、スキルに合わせて、最適な方法を選ぶことが大切です。
どの方法を選ぶ場合も、ターゲット層に合ったデザインを心がけ、伝えたいメッセージを明確に伝えることが重要です。 チラシビズ

4. チラシのサイズと用紙の選び方

チラシを作成する際、サイズと用紙の選択は重要な要素です。
チラシのサイズや用紙の種類によって、印象や伝わり方が大きく変わります。
ここでは、チラシのサイズと用紙の選び方について詳しく説明します。

4-1. 一般的なチラシサイズを知る

チラシのサイズは、用途や配布方法によって選ぶことが大切です。
一般的なチラシのサイズには、以下のようなものがあります。

  • A4サイズ(210mm×297mm)
  • 情報量が多いチラシに適しています。店舗の詳細な案内や商品の説明など、詳しい情報を載せる場合に使われます。A4サイズは、折りたたむことで、A5サイズやB5サイズにすることもできます。
  • A5サイズ(148mm×210mm)
  • 手に取りやすく、持ち運びに便利なサイズです。イベントのフライヤーや、商品の宣伝チラシなどに使われます。A4サイズの半分の大きさで、コンパクトながらも十分な情報量を載せられます。
  • B5サイズ(182mm×257mm)
  • A4とA5の中間のサイズで、情報量とデザイン性のバランスが取りやすいサイズです。店舗の案内や、サービスの紹介などに使われます。B5サイズは、A4サイズよりも一回り小さく、A5サイズよりも一回り大きいサイズです。
  • はがきサイズ(100mm×148mm)
  • ポストに投函しやすく、手軽に配布できるサイズです。ショップカードや、会員向けのお知らせなどに使われます。はがきサイズは、郵便はがきと同じ大きさで、郵送にも適しています。

これらのサイズを基本に、用途に合わせて選ぶことが大切です。
また、配布方法によっては、規定のサイズがある場合もあります。
例えば、新聞折り込みチラシは、新聞のサイズに合わせる必要があります。 サイズを選ぶ際は、情報量とデザイン性のバランスを考えることが重要です。
サイズが大きいほど情報量は増えますが、デザインの自由度は下がります。
逆に、サイズが小さいほどデザインの自由度は上がりますが、情報量は限られます。 また、チラシのサイズは、配布方法や保管方法にも影響します。
大きすぎるサイズは、持ち運びや保管が難しくなります。
一方、小さすぎるサイズは、情報が伝わりにくくなったり、紛失しやすくなったりします。 チラシのサイズは、ターゲット層の特性も考慮して選ぶことが大切です。
例えば、高齢者向けのチラシであれば、大きめの文字サイズが必要になります。
そのため、情報量を絞ってでも、大きめのサイズを選ぶことが効果的です。 一般的なチラシサイズを理解し、用途や配布方法、ターゲット層に合ったサイズを選ぶことで、効果的なチラシを作成できます。

4-2. 用途に合った用紙を選ぶ

チラシの用紙は、用途や予算に合わせて選ぶことが大切です。
用紙の種類によって、チラシの印象や耐久性が変わります。 よく使われる用紙の種類には、以下のようなものがあります。

  • コート紙
  • 表面にコーティングが施された用紙で、光沢があり、色の再現性が高いのが特徴です。写真を多用するチラシや、高級感を演出したいチラシに適しています。コート紙は、つや消しタイプとグロスタイプがあります。
  • マット紙
  • コート紙よりも光沢が抑えられた用紙で、落ち着いた印象を与えます。文字中心のチラシや、上品な印象を与えたいチラシに適しています。マット紙は、つや消しコート紙とも呼ばれます。
  • 上質紙
  • 一般的な用紙で、コストパフォーマンスに優れています。幅広い用途に使えますが、写真の再現性はコート紙やマット紙に劣ります。上質紙は、チラシ以外にも、コピー用紙やプリンター用紙として広く使われています。
  • 再生紙
  • 古紙を原料とした環境に優しい用紙です。自然な風合いがあり、エコロジーをアピールしたいチラシに適しています。再生紙は、古紙の配合率によって、種類が分かれています。

用紙の厚さ(重さ)も、チラシの印象に影響します。
厚手の用紙は、高級感や重厚感を演出できます。
一方、薄手の用紙は、軽量で配布しやすいというメリットがあります。 用途に合わせて、用紙の種類と厚さを選ぶことが大切です。
例えば、飲食店のメニューチラシであれば、コート紙や厚手の用紙を使うことで、高級感を演出できます。
一方、大量に配布するセール案内チラシであれば、上質紙や薄手の用紙を使うことで、コストを抑えられます。 また、用紙の選択は、印刷方式とも関連します。
オフセット印刷では、幅広い用紙を使用できます。
一方、デジタル印刷では、使用できる用紙が限られる場合があります。
印刷方式に合わせて、用紙を選ぶことも重要です。 さらに、用紙の選択は、環境への配慮も必要です。
再生紙や森林認証紙を使うことで、環境に優しいチラシを作成できます。
環境に配慮することで、企業イメージの向上にもつながります。 用途や予算、印刷方式、環境への配慮など、様々な観点から用紙を選ぶことが大切です。
適切な用紙を選ぶことで、チラシの効果を高められます。

4-3. 印刷コストを考慮する

チラシのサイズと用紙は、印刷コストにも大きく影響します。
印刷コストを抑えるためには、以下の点に注意しましょう。

  • 規格サイズを選ぶ
  • 印刷会社の規格サイズを選ぶことで、印刷コストを抑えられます。規格外のサイズは、特別な対応が必要になるため、コストが高くなる傾向があります。規格サイズは、印刷会社によって異なるため、事前に確認することが大切です。
  • 用紙の種類を吟味する
  • コート紙や厚手の用紙は、印刷コストが高くなります。予算に応じて、用紙の種類を選ぶことが大切です。また、用紙の種類によって、最小ロット数が異なる場合があります。必要な部数を確認し、適切な用紙を選びましょう。
  • 印刷色数を減らす
  • フルカラー印刷は、印刷コストが高くなります。情報の伝達に支障がない範囲で、色数を減らすことで、コストを抑えられます。例えば、2色印刷や単色印刷にすることで、印刷コストを大幅に削減できます。
  • 印刷部数を調整する
  • 印刷部数が多いほど、1枚あたりの印刷コストは下がります。必要な部数を見積もり、適切な印刷部数を発注することが大切です。ただし、必要以上に印刷部数を増やすと、在庫管理のコストがかかるため、注意が必要です。

また、印刷会社によっても、印刷コストは異なります。
複数の印刷会社から見積もりを取り、コストを比較することをおすすめします。
ただし、安さだけでなく、印刷品質や納期、サポート体制なども考慮して、印刷会社を選ぶことが重要です。 印刷コストを抑えるためには、デザインの工夫も必要です。
写真や図版の使用を最小限に抑えたり、色数を減らしたりすることで、印刷コストを抑えられます。
また、チラシのサイズを小さくすることで、用紙代を節約できます。 さらに、印刷方式の選択も印刷コストに影響します。
オフセット印刷は、大量印刷に適しており、印刷部数が多いほどコストが下がります。
一方、デジタル印刷は、小ロットの印刷に適しており、少部数でもコストを抑えられます。 印刷コストは、チラシ作成の重要な要素です。
サイズや用紙、印刷色数、印刷部数、印刷方式など、様々な観点から印刷コストを考慮し、効果的なチラシを作成することが大切です。 チラシのサイズと用紙は、チラシの印象や伝わり方に大きな影響を与えます。
用途や予算に合わせて、適切なサイズと用紙を選ぶことが大切です。
また、印刷コストを考慮し、効果的なチラシを作成することが重要です。
チラシ作成には、様々な要素が関わっています。
それぞれの要素を理解し、バランスを取ることで、効果的なチラシを作成できます。

チラシビズ

5. チラシ配布の戦略

魅力的なチラシを作成しても、適切な方法で配布しなければ、効果は期待できません。
チラシ配布の戦略を立てることで、チラシの効果を最大限に引き出すことができます。
ここでは、チラシ配布の戦略について詳しく説明します。

5-1. ターゲットに合った配布場所を選ぶ

チラシ配布の効果を高めるためには、ターゲットとなる顧客層に合った配布場所を選ぶことが重要です。
チラシを配布する場所によって、受け取る人の属性や関心が異なります。 例えば、若者向けの商品やサービスのチラシであれば、大学の近くや繁華街で配布することが効果的です。
一方、主婦向けの商品やサービスのチラシであれば、スーパーマーケットや子育て支援施設で配布することが効果的です。 また、チラシの内容に合わせて、配布場所を選ぶことも大切です。
飲食店のチラシであれば、オフィス街や繁華街で配布することで、ランチや夕食の需要を喚起できます。
不動産のチラシであれば、住宅街や駅前で配布することで、物件に関心のある人に直接アプローチできます。 配布場所を選ぶ際は、競合他社の動向も把握することが重要です。
同業他社のチラシが多く配布されている場所では、差別化が難しくなります。
逆に、競合他社が見落としているような場所で配布することで、チラシの効果を高められる可能性があります。 ターゲットに合った配布場所を選ぶためには、顧客層の属性や行動パターンを分析することが大切です。
また、チラシの内容や競合他社の動向を考慮し、最適な配布場所を選ぶことが重要です。

5-2. ポスティングの効果と注意点

ポスティングは、チラシを各家庭のポストに直接投函する配布方法です。
ポスティングは、比較的安価で、広範囲にチラシを配布できるというメリットがあります。 ポスティングを行う際は、配布エリアを明確に設定することが大切です。
商圏内の住宅地を中心に配布することで、効果的にチラシを届けられます。
また、曜日や時間帯を考慮し、在宅率の高い時間帯に配布することで、チラシの開封率を高められます。 ただし、ポスティングには注意点もあります。
無断でチラシを投函することは、迷惑行為とみなされる可能性があります。
「無断投函禁止」のステッカーが貼ってある家庭には、チラシを投函しないようにしましょう。 また、風雨によってチラシが濡れたり、飛ばされたりすることがあります。
チラシが散乱することで、環境美化の観点から問題になる可能性もあります。
チラシを投函する際は、ポストの中にしっかりと入れるように心がけましょう。 ポスティングを依頼する際は、信頼できる配布業者を選ぶことが重要です。
配布報告書や GPS 記録などで、配布状況を確認できる業者を選ぶことをおすすめします。
また、チラシのサイズや厚さに応じて、配布単価が変わることにも注意が必要です。 ポスティングは、cost対効果の高いチラシ配布方法ですが、注意点もあります。
配布エリアや時間帯、配布業者の選定など、戦略的に行うことが大切です。

5-3. 店頭配布のコツ

店頭でチラシを配布することで、店舗への来店を直接促すことができます。
店頭配布は、チラシを受け取った人との接点を持てるため、コミュニケーションを通じて、商品やサービスの魅力を伝えられるのが強みです。 店頭配布を行う際は、スタッフの教育が重要です。
スタッフがチラシの内容を理解し、商品やサービスの特徴を説明できるようにしておくことが大切です。
また、明るい表情で積極的に声をかけることで、チラシを受け取ってもらいやすくなります。 店頭配布では、チラシのデザインも重要です。
店舗の雰囲気に合ったデザインを選ぶことで、店舗との一体感を演出できます。
また、割引クーポンや特典を付けることで、チラシの受け取りを促せます。 店頭配布の際は、通行人の邪魔にならないように注意することが大切です。
特に、駅前や繁華街では、人通りが多いため、通行の妨げにならないよう配慮しましょう。
また、ゴミ箱を設置するなど、チラシの散乱防止にも努めることが重要です。 店頭配布は、チラシを直接手渡しできるため、高い効果が期待できます。
スタッフ教育とチラシのデザイン、配布方法を工夫することで、店頭配布の効果を高められます。

5-4. イベントでの配布方法

イベント会場でチラシを配布することで、ターゲットとなる顧客層に直接アプローチできます。
イベントでの配布は、チラシの内容に関心のある人に届けられるため、高い効果が期待できます。 イベントでの配布を行う際は、事前にイベント主催者との調整が必要です。
チラシ配布の許可を得ることが大切です。
また、イベントの来場者属性を把握し、ターゲットに合ったチラシを用意することが重要です。 イベント会場では、ブースを設置し、来場者とコミュニケーションを取ることで、チラシの効果を高められます。
ブースでは、商品やサービスのデモンストレーションを行ったり、プレゼントを用意したりすることで、来場者の興味を引き付けることができます。 また、イベント会場では、チラシを配布するタイミングも重要です。
来場者が会場に入る際や、帰る際に配布することで、チラシを持ち帰ってもらいやすくなります。 イベントでの配布では、チラシのサイズや形状も工夫できます。
通常のチラシよりも小さめのサイズにすることで、来場者がバッグに入れやすくなります。
また、変形サイズのチラシにすることで、他のチラシとの差別化を図れます。 イベントでの配布は、ターゲットとなる顧客層に直接アプローチできる効果的な方法です。
イベントの特性を理解し、来場者とのコミュニケーションを大切にすることで、チラシの効果を高められます。 チラシ配布の戦略は、チラシの効果を左右する重要な要素です。
ターゲットに合った配布場所の選定、ポスティングの実施、店頭配布の工夫、イベントでの配布など、様々な方法を組み合わせることで、チラシの効果を最大限に引き出すことができます。
配布方法を戦略的に考え、PDCAサイクルを回しながら、継続的に改善していくことが大切です。

チラシビズ

6. チラシ作成に役立つ無料リソース

チラシ作成には、デザインのスキルや知識が必要ですが、必ずしもプロのデザイナーである必要はありません。
インターネット上には、チラシ作成に役立つ無料のリソースがたくさんあります。
ここでは、チラシ作成に役立つ無料リソースを紹介します。

6-1. 無料のデザインテンプレート

チラシのデザインを一から作成するのは、時間と手間がかかります。
しかし、無料のデザインテンプレートを活用することで、簡単にチラシを作成できます。 Canvaは、初心者でも簡単に使えるオンラインデザインツールです。
Canvaには、数多くのチラシテンプレートが用意されており、ドラッグ&ドロップで写真や文字を配置するだけで、プロ並みのデザインを作成できます。
テンプレートは、業種やイベントごとに分類されているため、目的に合ったデザインを見つけやすいのが特徴です。 Microsoft Officeの Word や Publisher にも、チラシのテンプレートが用意されています。
これらのテンプレートは、Microsoft Office を使い慣れている人にとって使いやすいでしょう。
テンプレートの色やフォントを変更することで、オリジナルのデザインを作成できます。 Adobe Sparkは、Adobeが提供するオンラインデザインツールです。
Adobe Sparkには、チラシだけでなく、ソーシャルメディア用の画像やウェブページのデザインテンプレートも用意されています。
直感的な操作で、統一感のあるデザインを作成できるのが特徴です。 無料のデザインテンプレートを活用することで、デザインの知識がなくても、見栄えの良いチラシを作成できます。
テンプレートをカスタマイズすることで、オリジナリティを出すことも可能です。

6-2. 商用利用可能な写真・イラスト素材

チラシのデザインに写真やイラストを使用することで、視覚的な訴求力を高められます。
しかし、著作権の問題があるため、無断で写真やイラストを使用することはできません。
そこで、商用利用可能な写真やイラスト素材を活用することをおすすめします。 Pixabayは、商用利用可能な写真やイラスト、ベクター画像などを無料で提供しているサイトです。
Pixabayには、100万点以上の高品質な画像が登録されており、キーワード検索で目的の画像を見つけられます。
Pixabayの画像は、クレジット表記なしで自由に使えるため、チラシ作成に最適です。 Unsplashは、世界中のフォトグラファーが撮影した写真を無料で提供しているサイトです。
Unsplashの写真は、商用利用が可能で、高解像度でダウンロードできます。
自然や街並み、人物など、様々なジャンルの写真が揃っています。 イラストACは、日本のイラストレーターが制作したイラストを無料で提供しているサイトです。
イラストACのイラストは、ポップでかわいらしいタッチが特徴で、幅広い年齢層に好まれます。
商用利用が可能なイラストが多数あり、チラシ作成に活用できます。 商用利用可能な写真やイラスト素材を活用することで、チラシのデザインの幅が広がります。
ただし、利用規約を確認し、適切な方法で使用することが大切です。

6-3. チラシ作成に使えるフリーソフト

チラシ作成には、Adobe IllustratorやPhotoshopなどの有料ソフトが一般的に使われています。
しかし、無料で使えるフリーソフトでも、十分にチラシを作成できます。 GIMPは、オープンソースの画像編集ソフトです。
GIMPには、Photoshopと似たような機能が搭載されており、写真の加工や文字の入力などができます。
レイヤー機能を使って、複雑なデザインを作成することも可能です。 Inkscapeは、オープンソースのベクター画像編集ソフトです。
Inkscapeを使えば、イラストや図形を自由に作成できます。
テキストの入力や編集も可能で、チラシのデザインに活用できます。 Scribus は、オープンソースのデスクトップパブリッシングソフトです。
Scribusには、プロ仕様の組版機能が搭載されており、チラシのレイアウトを細かく調整できます。
CMYK カラーにも対応しているため、印刷用のデータを作成できます。 これらのフリーソフトは、機能面では有料ソフトに及ばない部分もありますが、チラシ作成に必要な基本的な機能は備えています。
フリーソフトを活用することで、コストを抑えながらチラシを作成できます。 ただし、フリーソフトを使いこなすには、一定の学習が必要です。
操作方法を覚えるために、時間を要する場合もあります。
また、フリーソフトは、有料ソフトほどのサポートが受けられないことにも注意が必要です。 チラシ作成に役立つ無料リソースを活用することで、デザインの知識がなくても、魅力的なチラシを作成できます。
無料のデザインテンプレートや商用利用可能な写真・イラスト素材、フリーソフトを上手に組み合わせることで、オリジナリティのあるチラシを低コストで制作できるでしょう。
ただし、著作権や利用規約には十分に注意し、適切な方法で使用することが大切です。

チラシビズ

7. チラシ作成のFAQ

Q1. チラシ作成が初めてですが、どのようなサイズを選べばいいですか?

A1. チラシのサイズは、用途や配布方法に合わせて選ぶことが大切です。一般的なサイズとしては、A4、A5、B5、はがきサイズなどがあります。情報量とデザイン性のバランスを考え、ターゲット層に合ったサイズを選びましょう。

Q2. チラシのデザインを依頼する場合、どのような点に注意すべきですか?

A2. デザイナーに依頼する際は、予算に応じて依頼内容を検討し、デザイナーとの綿密なコミュニケーションが重要です。チラシの目的やターゲット層、伝えたいメッセージを明確に伝え、デザインの進捗状況を確認しながら、満足のいくデザインを得られるようにしましょう。

Q3. チラシ作成に使える無料のデザインテンプレートはありますか?

A3. Canva、Microsoft Office、Adobe Sparkなどのオンラインデザインツールには、無料のチラシテンプレートが用意されています。これらのテンプレートを活用することで、デザインの知識がなくても、簡単にチラシを作成できます。

Q4. チラシのデザインに使える商用利用可能な写真素材はありますか?

A4. Pixabay、Unsplash、イラストACなどのサイトでは、商用利用可能な写真やイラスト素材を無料で提供しています。これらの素材を活用することで、チラシのデザインの幅が広がります。ただし、利用規約を確認し、適切な方法で使用することが大切です。

Q5. 印刷コストを抑えるためには、どのような点に注意すべきですか?

A5. 印刷コストを抑えるためには、規格サイズを選ぶ、用紙の種類を吟味する、印刷色数を減らす、印刷部数を調整するなどの点に注意しましょう。また、デザインの工夫や印刷方式の選択でもコストを抑えられます。

Q6. チラシの配布方法にはどのようなものがありますか?

A6. チラシの配布方法には、ポスティング、店頭配布、イベント配布などがあります。ポスティングは広範囲に配布できる一方、店頭配布は直接手渡しできるため高い効果が期待できます。イベント配布は、ターゲット層に直接アプローチできる効果的な方法です。

Q7. ポスティングを依頼する際、どのような点に注意すべきですか?

A7. ポスティングを依頼する際は、信頼できる配布業者を選ぶことが重要です。配布報告書やGPS記録などで配布状況を確認できる業者がおすすめです。また、チラシのサイズや厚さに応じて配布単価が変わることにも注意が必要です。

Q8. 店頭でチラシを配布する際のコツはありますか?

A8. 店頭配布を行う際は、スタッフ教育とチラシのデザインが重要です。スタッフがチラシの内容を理解し、商品やサービスの特徴を説明できるようにしておくことが大切です。また、店舗の雰囲気に合ったデザインを選ぶことで、店舗との一体感を演出できます。

Q9. イベントでチラシを配布する際、どのような点に注意すべきですか?

A9. イベントでの配布を行う際は、事前にイベント主催者との調整が必要です。また、イベントの来場者属性を把握し、ターゲットに合ったチラシを用意することが重要です。来場者とのコミュニケーションを大切にし、チラシを持ち帰ってもらいやすいタイミングで配布しましょう。

Q10. チラシ作成に使えるフリーソフトにはどのようなものがありますか?

A10. GIMP、Inkscape、Scribusなどのオープンソースソフトは、チラシ作成に必要な基本的な機能を備えています。これらのフリーソフトを活用することで、コストを抑えながらチラシを作成できます。ただし、操作方法を覚えるために時間を要する場合もあります。

チラシビズ

8. チラシ作成のポイント

チラシは、ビジネスや個人の宣伝に欠かせないツールです。
効果的なチラシを作成するためには、以下の点に注意しましょう。

  • 目的に合ったデザインを選ぶ
  • 読みやすく簡潔な情報を心がける
  • 印象に残るビジュアルを使う
  • ブランドイメージを統一する
  • ターゲットに合った配布方法を選ぶ
  • 印刷コストを考慮する

また、チラシ作成に役立つ無料リソースを活用することで、デザインの知識がなくても魅力的なチラシを作成できます。

  • 無料のデザインテンプレート
  • 商用利用可能な写真・イラスト素材
  • チラシ作成に使えるフリーソフト

チラシ作成は、デザインから配布まで、様々な要素が関わっています。
それぞれの要素を理解し、バランスを取ることで、効果的なチラシを作成できます。
ターゲット層に合ったデザインを心がけ、伝えたいメッセージを明確に伝えることが重要です。

チラシのことはコチラまで

法人営業専門のチラシ制作サービス「チラシビズ」

法人営業専門のチラシ制作サービス「チラシビズ」では、チラシのデザイン・印刷・リストアップ・梱包・発送代行までワンストップで対応いたします。
お客様の大切なメッセージを込めてチラシを作成し、未来の顧客へ直接届けて営業効果の向上につなげます。

お問い合わせはこちら

チラシ新着記事

           
  • 本社所在地 :〒479-0055 愛知県常滑市広内15-5
  • 制作オフィス:〒479-0863 愛知県常滑市西之口7丁目126
  • 営 業 時 間  :9:00〜18:00
  • 電 話 番 号  :0569-76-0654
チラシビス

会社概要 実績 セールス支援 マーケティング支援 ブランディング支援 記事一覧

X