チラシとポスターの違いと具体的な選び方をわかりやすく解説 - 株式会社デザインのちから
お問い合わせ

ビジネスのちからに。広告・デザインの考え方。

チラシとポスターの違いと具体的な選び方をわかりやすく解説

目次
  1. 1.チラシとポスターの違い
    1. 1-1.人の目にどう触れるか
    2. 1-2.サイズ
    3. 1-3.印刷枚数
    4. 1-4.デザイン
    5. 1-5.形態
    6. 1-6.発送方法
  2. 2.チラシかポスターか?選択するための3つのステップ
    1. 2-1.ステップ1 ターゲットがいる場所はどこか?
    2. 2-2.ステップ2 掲示または設置させてもらえるか?
    3. 2-3.ステップ3 掲示/設置スペースはどのくらいの大きさか?
    4. 2-4.選び方まとめ
  3. 3.チラシかポスター:選び方の具体例
    1. 3-1.チラシとポスターの違い 
    2. 3-2.チラシとポスターの総称
    3. 3-3.チラシとポスターの選び方
    4. 3-4.チラシが適している例
    5. 3-5.ポスターが適している例
  4. 4. チラシとポスターの違いでインパクトを出す方法
    1. 4-1. チラシとポスターのサイズと用紙でインパクトを出す 
    2. 4-2. 写真やイラストでインパクトを出す 
    3. 4-3. キャッチコピーでインパクトを出す
  5. 5. チラシとポスターの「仕上がり」の違いがもたらす効果とは?
    1. 5-1. 印刷方法の違いで仕上がりが変わる
    2. 5-2. 用紙の種類の違いで仕上がりが変わる
    3. 5-3. 仕上がりの違いがもたらす効果
  6. 6. チラシとポスターの用途別のおすすめは?
  7. 7. チラシとポスターを「使う」シーン別のポイント
    1. 7-1. 告知シーン
    2. 7-2. 展示会シーン
    3. 7-3. その他のシーン
  8. 8. 2023年最新!チラシとポスターのトレンド
    1. 8-1. トレンドを取り入れたチラシとポスターの作り方
チラシ

チラシとポスターの違いと具体的な選び方をわかりやすく解説

「 チラシ とポスター、どっちがいいの?」この記事では、宣伝のために チラシ やポスターの作成を考えている人に向けて、以下の2点を解説します。

①チラシとポスターの違いを比較
②自分に必要なのはチラシ かポスターか、状況に合った方を選ぶ3ステップ

チラシ やポスターについての情報は大量にあるので、やみくもにリサーチすると時間がかかりすぎてしまいます。考えるポイントを絞って効率的に進めましょう。最終的にどう情報を届けるかしっかり見通しを持てると、安心して チラシ / ポスター 作成・印刷に取りかかれます。本記事を、チラシ かポスターか自分の状況に合った方を選ぶガイドとしてご活用ください。

チラシ

1.ポスターとチラシの違い

チラシとポスターはどちらも紙に印刷された広告ですが、特徴や機能面で違いがあります。チラシとポスターの違いを6つに分けて説明します。

1-1.人の目にどう触れるか

【チラシ】1人ずつの手元に配布され、もらった人にとってチラシは自分の所有物となります。バッグに入れて持ち帰り、必要になるまで保管することも可能です。

【ポスター】 貼り紙として掲示され、その場所にいる人や通りすがりの人に視覚的に訴えかけます。サイン付きポスターをディスプレイすることもあり、インテリアとしての要素も持っています。ポスターは目にとまりやすいため、専用パネルにいれて店舗前など屋外に掲示するのも一般的で人気がある方法です。

1-2.サイズ

【チラシ】新聞折り込みチラシなど特別な場合は別として、通常A5サイズからA4サイズくらいまでがよく使用されます。大きすぎる用紙サイズだとポストに入りにくい、手に取りにくい、というデメリットがあるためです。A6、A5サイズは、店頭に置いてあっても気軽に手に取りやすい小ぶりのサイズです。

【ポスター】 チラシより大きいサイズ設定になります。ポスターの大きさとして選択できるのは、A判が4サイズ、B判も4サイズあり、全部で8つのサイズです。貼るスペースや目的を考えて、8つの中から適したサイズを選びます。

1-3.印刷枚数

【チラシ】基本的に大量印刷が前提となります。小規模な発注でも、少なくとも100部以上のまとまった枚数が必要となることが一般的です。潜在的な見込み客に対して広くアピールするための手段であるため、一定の数量が必要となります。

【ポスター】掲示スペースの確保が必要なため、チラシと比較して印刷部数は少なくなります。必要に応じて追加印刷が可能なので、通常は必要部数に予備分を加えた程度で印刷します。サークルのメンバー募集や地域の小規模イベントなどでは、さらに少ない部数でも大丈夫です。

1-4.デザイン

チラシとポスターは、どちらも情報を発信するために用いられる印刷物です。しかし、それぞれの目的やターゲットによって、デザインのポイントは異なります。

【チラシ】チラシは、商品やサービスを宣伝するために用いられることが多いです。そのため、紙面に入れ込む情報量が重視されます。商品やサービスの特徴をわかりやすく表記し、購入意欲を刺激するレイアウトが求められます。具体的には、以下のような点に注意するとよいでしょう。

  1. 商品やサービスの主な魅力を、冒頭でわかりやすく伝えます。
  2. 価格やキャンペーンの情報など、数字データは大きく表示します。
  3. サービスの利用規約など、細かな情報も漏れなく掲載します。

また、チラシのデザインには、テンプレートを活用するのも一つの方法でございます。テンプレートには、レイアウトやフォントなどの基本的なデザインが組み込まれておりますので、デザインの初心者でも簡単に作成することができます。

【ポスター】ポスターは、イベントやキャンペーンの告知、製品やサービスの宣伝など、さまざまな目的で用いられます。そのため、パッと人の視線をキャッチするようなデザイン性が大切です。 具体的には、以下のような点に注意するとよいでしょう。

  1. 目を引くようなインパクトのあるデザインにします。
  2. 伝えたい情報を、シンプルでわかりやすいレイアウトにします。
  3. 色やフォントなどの配色に統一感を持たせます。

また、ポップなデザインに取り入れるのも効果的です。カラフルでインパクトのあるポップなデザインは注目度を高めるのに役立ちます。例えば、企業の求人用ポスターでは、以下のようなデザインを検討してみるとよいでしょう。

  1. 企業のロゴやキャッチコピーを大きく表示して、インパクトを与えます。
  2. 採用情報の重要なポイントを、色や大きさを変えて強調します。
  3. ポップなイラストや写真を活用して、デザインに楽しさをプラスします。

チラシとポスターのデザインのポイントを押さえることで、より効果的な情報発信を行うことができるでしょう。

1-5.形態

【チラシ】通常紙一枚に印刷されますが、数ページに製本された冊子形式にする場合もあります。クーポンが付いていたり、ポケットティッシュが同封されているなど、業種によってさまざまな形式のチラシが存在します。

【ポスター】印刷するのは、ツルツルとした厚手の紙です。掲示するので裏面はありませんし、付属物もありません。

1-6.発送方法

【チラシ】個人宅への郵送やポスティング、または手渡しで見込み顧客に配布します。店舗などに置かせてもらう場合は、挨拶や営業活動を兼ねて届けると良いでしょう。

【ポスター】郵送や宅配で配布するほか、直接持ち込んで掲示します。ポスターの場合は届けて終わりではなく、掲示するまでの作業が必要です。

ポスター

2.チラシかポスターか?選択するための3つのステップ

チラシやポスターの作成には、費用と手間がかかります。無駄な労力を避けるためにも、作成前に目標を明確にし、自分の状況に最適な選択をすることが重要です。ここでは、現実的ですぐに実践できる3つのステップを紹介します。頭の中を整理し、シンプルに考えてみてください。

2-1.ステップ1 ターゲットがいる場所はどこか?

はじめに、チラシやポスターを見てもらう相手(ターゲット)はどこにいるのかを明確にしましょう。

ターゲットがいない的外れな場所に向かって働きかけても、せっかくのチラシやポスターが効果なしとなってしまいます。

2-2.ステップ2 掲示または設置させてもらえるか?

ターゲットのいる特定の場所にチラシの設置やポスターの掲示をしたい場合、場所を所有している相手先と交渉します。

【掲示や設置がNGの場合】→チラシが適している(手渡しやポスティングなど) 【掲示や設置がOKの場合】→チラシかポスターかまだ決定できない→ステップ3へ進む

2-3.ステップ3 掲示/設置スペースはどのくらいの大きさか?

【掲示や設置できるスペースが小さい場合】→チラシが適している 【掲示や設置できるスペースが大きい場合】→ポスターが適している

(掲示や設置が無料ではない場合は、利用するかどうかも決めておく)

2-4.選び方まとめ

要約すると、掲示可能な場所がある場合はポスターが候補になります。掲示できる場所がない場合は、自動的にチラシになります。ごく当たり前のシンプルな答えですが、頭の中だけで比較検討するとぐるぐる考えてしまうものです。 以下のチャートを参考にして、スッキリさせてください。

チラシ

3.チラシかポスター:選び方の具体例

チラシとポスターは、どちらも情報を発信するために用いられる印刷物でございます。しかし、それぞれの目的やターゲットによって、特徴や違いがあります。

3-1. チラシとポスターの違い

紙に印刷された宣伝物を総称として「チラシ」が使われます。さまざまな配布方法があり、その定義は明確ではありません。

・新聞配達の各事業所で、毎日の新聞に折り込まれ、配達される折込チラシ
・各戸のポスト(郵便受け)に配布される、ポスティングチラシ
・マーケティング業界では、リーフレットやビラやフライヤーもチラシの一種
・小さめのポスターを総称して、チラシが使われることもある

このように、チラシはさまざまな意味合いで使われており、その定義は明確ではありません。しかし、一般的には、紙をベースにした宣伝物全般を指す言葉を総称して用いられています。チラシの特徴には、以下の4つがあります。

  • 小型で持ち運びに便利
  • 比較的多くの情報を掲載できる
  • 価格が安価
  • 特定の相手に情報を届けやすい
  • 紙や布などの大きな面に印刷された宣伝物を総称して「ポスター」が使われます。広い範囲に情報を発信できることから、イベントの告知や商品・サービスの宣伝などに用いられます。ポスターの特徴には、以下の4つがあります。

  • 大型で目立つ
  • インパクトのあるデザインが可能
  • 広い範囲に情報を発信できる
  • 不特定多数の人に情報を届けやすい
  • チラシとポスターの違いは、以下の表の通りです。

    項目 チラシ ポスター
    サイズ 小型 大型
    情報量 多い 少ない
    価格 安価 高価
    ターゲット 特定の相手 不特定多数
    目的 商品・サービスの宣伝、イベントの告知など イベントの告知、キャンペーンの宣伝など

    3-2.チラシとポスターの総称

    チラシとポスターは、どちらも情報を発信するために用いられる印刷物でございます。そのため、広義には「販促物」とも呼ばれております。販促物には、チラシやポスター以外にも、パンフレットやリーフレット、カタログ、DMなど、さまざまな種類があります。チラシとポスターは、販促物の一種であるという共通点がございます。そのため、チラシとポスターを総称して「チラシ・ポスター」と呼ぶこともあります。また、チラシとポスターは、どちらも「フライヤー」と呼ばれることもございます。フライヤーは、英語で「flyer」と書き、意味は「飛び散るもの」でございます。チラシやポスターは、配布によって手渡されたり、街頭やポストに投函されたりして、広く配布されるため、このような呼び方をいたします。

    3-3. チラシとポスターの選び方

    チラシとポスターのどちらを選ぶかは、目的やターゲットによって異なります。

  • 商品・サービスの宣伝や、特定の相手に情報を届けたい場合は、チラシが適しております。
  • イベントの告知や、広い範囲に情報を届けたい場合は、ポスターが適しております。
  • また、チラシとポスターのどちらを選ぶか迷った場合は、以下の3つのステップで考えてみてはいかがでしょうか。

    ①目的を明確にする

    まず、チラシやポスターを使って何を達成したいのかを明確にいたします。商品・サービスの宣伝なのか、イベントの告知なのか、キャンペーンの宣伝なのか、などによって、選ぶべきものが異なります。

    ②ターゲットを絞る

    次に、チラシやポスターを届けたい相手を絞ります。特定の年齢層や性別、職業、趣味嗜好など、ターゲットを絞ることで、より効果的な情報発信ができます。

    ③予算を検討する

    最後に、チラシやポスターの作成にかかる予算を検討します。チラシはポスターに比べて安価に作成できるため、予算が限られている場合はチラシが適しております。

    チラシとポスターは、どちらも効果的な情報発信ツールでございます。目的やターゲットに合わせて、適切なものを選んで活用しましょう。

    チラシとポスター

    3-4.チラシが適している例

    新しくオープンするまつげエクステサロンのケースを考えてみましょう。

    【ステップ1 ターゲットがいる場所はどこか?】

    ターゲットは店舗の近隣に住んでいるか、店舗の近くに勤めている女性→特定のスポットではなく、広範囲→チラシが適している

    美容意識が高い女性をターゲットに、サロンへの来店が可能な範囲でチラシを配布します。施術メニュー一覧など、細かい情報もアピールできるでしょう。チラシに検索窓やQRコードを設置することで、お気に入り登録や専用サイトへのログイン、予約など、顧客獲得の可能性を広げられます。

    3-5. ポスターが適している例

    10店舗の飲食店が共同で、「あおぞらマルシェ」イベントを開催するケースを考えてみましょう。 開催場所は地域の広場です。

    【ステップ1 ターゲットがいる場所はどこか?】

    自社店舗内(飲食店に来店している人は興味を持つ可能性が高い)→ポスターが適している→参加する10店舗と、関連する場所(例えば姉妹店)に掲示する。さらに集客の可能性を高めるため、ターゲットの居場所をもう1つ設定します。

    【ステップ1 ターゲットがいる場所はどこか?】

    広場を頻繁に利用している人(イベント当日も訪れてくれる可能性が高い)→特定のスポット(広場)→ステップ2へ進む

    【ステップ2 掲示または設置が許可されているか?】

    広場内での掲示が許可されている→ステップ3へ進む

    【ステップ3 スペースはどれくらい大きいか?】

    大きい→ポスターが適している

    このケースでは、最初から10カ所以上の掲示場所が確保されているため、ポスターが最初の選択肢となります。さらに、広場での掲示を追加することで、相乗効果を狙えるでしょう。

    チラシ

    4. チラシとポスターの違いでインパクトを出す方法

    4-1. チラシとポスターのサイズと用紙でインパクトを出す

    チラシとポスターは、どちらも広告媒体としてよく使用されます。しかし、両者にはそれぞれサイズや印刷用紙の違いがあります。チラシは、A4サイズやA5サイズが一般的です。ポスターは、A1サイズ以上が一般的です。サイズが大きいほど、インパクトを与えやすくなります。そのため、ポスターはチラシよりもインパクトを出しやすいと言えます。
    また、印刷用紙にもさまざまな種類があります。チラシは、コート紙やマット紙などが一般的です。ポスターは、ビニール紙や塩ビ紙などが一般的です。ビニール紙や塩ビ紙は、屋外でも劣化しにくいため、耐久性を求められるポスターに適しています。

    4-2. 写真やイラストでインパクトを出す

    写真やイラストは、視覚的にインパクトを与えることができます。そのため、チラシやポスターに効果的に活用するとよいでしょう。写真やイラストを使うときは、以下の点に注意しましょう。

    • ターゲット層に訴求力のあるものを選ぶ
    • クオリティの高いものを選ぶ
    • デザインとバランスよく配置する

    4-3. キャッチコピーでインパクトを出す

    キャッチコピーは、短い言葉で商品やサービスの魅力を簡潔に伝えるものです。そのため、インパクトを与える効果があります。キャッチコピーを作るときは、以下の点に注意しましょう。

    • 覚えやすく、印象に残るものにする
    • ターゲット層に響くものを選ぶ
    • 商品やサービスの特徴を端的に伝える

    チラシやポスターは、デザインや内容によってインパクトを与えることができます。チラシとポスターの違いを理解し、それぞれの特徴を活かしたデザインや内容を作成することで、より効果的な広告を打つことができるでしょう。

    ポスター

    5. チラシとポスターの「仕上がり」の違いがもたらす効果とは?

    5-1. 印刷方法の違いで仕上がりが変わる

    チラシとポスターは、印刷方法によって仕上がりが異なります。
    チラシは、オフセット印刷やデジタル印刷が一般的です。オフセット印刷は、高品質な仕上がりが得られる一方で、コストが高くなります。デジタル印刷は、コストを抑えることができる一方で、オフセット印刷ほど高品質ではありません。
    ポスターは、オフセット印刷やインクジェット印刷が一般的です。インクジェット印刷は、高解像度で印刷できる一方で、コストが高くなります。

    5-2. 用紙の種類の違いで仕上がりが変わる

    チラシとポスターは、用紙の種類によっても仕上がりが異なります。
    チラシの印刷紙は、コート紙やマット紙などが一般的です。コート紙は、光沢があり高級感のある仕上がりになります。マット紙は、ざらざらとした質感で落ち着いた印象になります。
    ポスターの印刷紙は、ビニール紙や塩ビ紙などが一般的です。ビニール紙や塩ビ紙は、屋外でも劣化しにくいため、耐久性を求められるポスターに適しています。

    5-3. 仕上がりの違いがもたらす効果

    チラシとポスターの仕上がりの違いは、広告効果にも影響を与えます。
    高品質な仕上がりのチラシやポスターは、ターゲット層に好印象を与え、商品やサービスの魅力をより効果的に伝えることができます。また、屋外でも劣化しにくい仕上がりのチラシやポスターは、長期間効果的に広告を続けることができます。

    チラシやポスターを制作する際には、印刷方法や用紙の種類などによって仕上がりがどのように変化するかを理解し、目的やターゲット層に合わせて最適な仕上がりを選択することが重要です。
    具体的な例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • フライヤーは、イベントやセールなどの告知によく使われます。そのため、イラストや写真を効果的に使用して、インパクトを与えることが重要です。
  • パンフレットは、商品やサービスの詳細情報を提供するためによく使われます。そのため、文字量が多くなることも多いため、読みやすさやわかりやすさを重視した仕上がりにする必要があります。
  • カードは、名刺やDMなどの小型の印刷物です。そのため、限られたスペースの中で、必要な情報をわかりやすく伝えることが重要です。
  • このように、チラシやポスターの仕上がりは、広告の目的やターゲット層によって最適なものが異なります。目的やターゲット層を明確にした上で、最適な仕上がりを選択するようにしましょう。

    ポスター

    6. チラシとポスターの用途別の「おすすめは?

    チラシとポスターは、どちらも広告媒体としてよく使用されます。しかし、両者にはそれぞれサイズや印刷用紙の違いなどがあり、用途によって適した媒体は異なります。

    告知におすすめ

    告知には、チラシがおすすめです。チラシは、比較的小さく、持ち運びや配布がしやすいため、イベントやセールなどの告知に適しています。また、イラストや写真を効果的に使用することで、インパクトを与えることもできます。

    告知

    展示会におすすめ

    展示会には、ポスターがおすすめです。ポスターは、大きなサイズで、遠くからでも目立つため、展示会で商品やサービスをアピールするのに適しています。また、屋外でも劣化しにくいため、長期間の展示にも対応できます。

    >>>「効果的なチラシ制作と活用方法で展示会の集客力UP」はこちら

    展示会

    採用におすすめ

    採用には、パンフレットがおすすめです。パンフレットは、商品やサービスの詳細情報を提供するためによく使われます。また、文字量が多くなることも多いため、読みやすさやわかりやすさを重視した仕上がりにする必要があります。

    採用

    セミナーにおすすめ

    セミナーには、チラシとポスターの両方がおすすめです。チラシは、イベントやセールなどの告知に適しています。ポスターは、セミナーの開催場所や内容を周知するのに適しています。

    セミナー

    販売におすすめ

    販売には、DMがおすすめです。DMは、直接ターゲット層に送付できるため、効果的なアプローチができます。また、商品やサービスの詳細情報を詳しく伝えることができます。

    販売

    このように、チラシとポスターは、用途によって適した媒体が異なります。目的やターゲット層を明確にした上で、最適な媒体を選択するようにしましょう。

    具体的な例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • イベントやセールの告知には、チラシを配布して、ターゲット層に直接情報を届けることをおすすめします。
  • 展示会では、ポスターを会場内に掲示して、商品やサービスの魅力をアピールすることをおすすめします。
  • 採用では、パンフレットを作成して、企業の魅力や求める人物像をわかりやすく伝えることをおすすめします。
  • セミナーでは、チラシとポスターの両方を活用して、セミナーの開催場所や内容を周知することをおすすめします。
  • 販売では、DMを活用して、ターゲット層に直接商品やサービスの情報を届けることをおすすめします。
  • チラシやポスターを制作する際は、用途やターゲット層を明確にして、最適な媒体や仕上がりを選択することが重要です。

    チラシ

    7. チラシとポスターを「使う」シーン別のポイント

    チラシとポスターは、どちらも広告媒体としてよく使用されます。しかし、両者にはそれぞれサイズや用紙の違いなどがあり、シーンによって適した使い方があります。

    7-1. 告知シーン

    告知シーンでは、チラシがおすすめです。チラシは、比較的小さく、持ち運びや配布がしやすいため、イベントやセールなどの告知に適しています。また、イラストや写真を効果的に使用することで、インパクトを与えることもできます。具体的には、以下のポイントを押さえましょう。

    • ターゲット層にわかりやすい情報を、簡潔に伝える
    • インパクトのあるデザインで、視線を集める
    • 配布場所や時期を検討する

    7-2. 展示会シーン

    展示会シーンでは、ポスターがおすすめです。ポスターは、大きなサイズで、遠くからでも目立つため、展示会で商品やサービスをアピールするのに適しています。また、屋外でも劣化しにくいため、長期間の展示にも対応できます。具体的には、以下のポイントを押さえましょう。

    • 商品やサービスの魅力を、わかりやすく伝える
    • 会場の雰囲気やターゲット層に合わせて、デザインする
    • 展示会の内容や期間を、わかりやすく伝える

    7-3. その他のシーン

    採用シーンでは、パンフレットがおすすめです。パンフレットは、商品やサービスの詳細情報を提供するためによく使われます。また、文字量が多くなることも多いため、読みやすさやわかりやすさを重視した仕上がりにする必要があります。
    セミナーシーンでは、チラシとポスターの両方がおすすめです。チラシは、イベントやセールなどの告知に適しています。ポスターは、セミナーの開催場所や内容を周知するのに適しています。
    販売シーンでは、DMがおすすめです。DMは、直接ターゲット層に送付できるため、効果的なアプローチができます。また、商品やサービスの詳細情報を詳しく伝えることができます。

    このように、チラシとポスターは、シーンによって適した使い方があります。目的やターゲット層を明確にした上で、最適な使い方を選択するようにしましょう。
    具体的な例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • イベントやセールの告知には、チラシを配布して、ターゲット層に直接情報を届けることをおすすめします。
  • 展示会では、ポスターを会場内に掲示して、商品やサービスの魅力をアピールすることをおすすめします。
  • 採用では、パンフレットを作成して、企業の魅力や求める人物像をわかりやすく伝えることをおすすめします。
  • セミナーでは、チラシとポスターの両方を活用して、セミナーの開催場所や内容を周知することをおすすめします。
  • 販売では、DMを活用して、ターゲット層に直接商品やサービスの情報を届けることをおすすめします。
  • チラシやポスターを制作する際は、シーンや目的を明確にして、最適な使い方を選択することが重要です。

    チラシ

    8. 2023年最新!チラシとポスターのトレンド

    2023年のチラシとポスターのトレンドとして、以下のようなものが挙げられます。

    • 全面デザインの採用
    • チラシやポスターの全面にデザインを施す「全面デザイン」がトレンドになっています。全面デザインは、インパクトを与えやすく、視線を集めやすいのが特徴です。

    • 確認しやすいデザイン
    • チラシやポスターは、ターゲット層に必要な情報を、わかりやすく伝えることが重要です。そのため、見出しやキャッチコピーを大きくして、確認しやすいデザインにする傾向があります。

    • カレンダーやイベント情報を掲載
    • チラシやポスターには、カレンダーやイベント情報を掲載するケースが増えています。カレンダーやイベント情報は、ターゲット層の興味を引くことができるため、効果的な広告ツールとなります。

    8-1. トレンドを取り入れたチラシとポスターの作り方

    トレンドを取り入れたチラシとポスターを作成するためには、以下のポイントを押さえましょう。

    • ターゲット層のニーズや興味を把握する
    • ターゲット層のニーズや興味を把握した上で、トレンドを効果的に活用しましょう。

    • デザインと内容のバランスを意識する
    • デザインと内容のバランスが重要です。デザインが目立つだけでは、必要な情報が伝わりません。

    • 複数の媒体を組み合わせる
    • チラシやポスターだけでなく、WebサイトやSNSなどの複数の媒体を組み合わせることで、より効果的な広告を展開できます。

    2023年のチラシとポスタートレンドは、全面デザインの採用、確認しやすいデザイン、カレンダーやイベント情報の掲載などです。トレンドを取り入れたチラシとポスターを制作することで、より効果的な広告を展開することができます。

  • 全面デザインを採用したチラシやポスターでは、商品やサービスの魅力を、インパクトのあるビジュアルで伝えるのが効果的です。
  • 確認しやすいデザインを採用したチラシやポスターでは、見出しやキャッチコピーを大きくして、ターゲット層の目に留まるようにしましょう。
  • カレンダーやイベント情報を掲載したチラシやポスターでは、ターゲット層が興味を持つような内容を盛り込みましょう。
  • チラシやポスターを制作する際には、トレンドを参考にしながら、ターゲット層に効果的な広告を展開するようにしましょう。

    チラシのことはコチラまで

    法人営業専門のチラシ制作サービス「チラシビズ」

    法人営業専門のチラシ制作サービス「チラシビズ」では、チラシのデザイン・印刷・リストアップ・梱包・発送代行までワンストップで対応いたします。
    お客様の大切なメッセージを込めてチラシを作成し、未来の顧客へ直接届けて営業効果の向上につなげます。

    お問い合わせはこちら

    チラシ新着記事

               
    • 本社所在地 :〒479-0055 愛知県常滑市広内15-5
    • 制作オフィス:〒479-0863 愛知県常滑市西之口7丁目126
    • 営 業 時 間  :9:00〜18:00
    • 電 話 番 号  :0569-76-0654
    チラシビス

    会社概要 実績 セールス支援 マーケティング支援 ブランディング支援 記事一覧

    X