【最新版】チラシ印刷は通販が安い!おすすめサービス&価格比較 - 株式会社デザインのちから
お問い合わせ

ビジネスのちからに。広告・デザインの考え方。

【最新版】チラシ印刷は通販が安い!おすすめサービス&価格比較

目次
  1. 1. チラシ印刷を安く抑えるなら印刷通販がおすすめ!
    1. 1-1. 印刷通販とは?
    2. 1-2. 印刷通販を利用するメリット
    3. 1-3. 印刷通販を利用するデメリット
    4. 1-4. チラシ印刷に最適な印刷通販の選び方
    5. 1-5. チラシ印刷費用の内訳
  2. 2. 【目的別】おすすめのチラシ印刷サービス3選
    1. 2-1. 激安価格で大量印刷したいなら:ラクスル
    2. 2-2. 短納期で高品質な印刷なら:プリントパック
    3. 2-3. デザインから依頼したいなら:グラフィック
  3. 3. チラシ印刷サービス価格比較表
  4. 4. チラシ印刷でさらに安くする方法
    1. 4-1. 早期割引を活用する
    2. 4-2. データ入稿で費用を抑える
    3. 4-3. 用紙の種類を見直す
    4. 4-4. サイズを調整する
    5. 4-5. 折り方を変える
  5. 5. Shufooを用いたマーケティング手法
    1. 5-1. フライヤー
    2. 5-2. ポスター
    3. 5-3. 冊子
    4. 5-4. はがき
    5. 5-5. 名刺
  6. 6. チラシ印刷によくある印刷オプション
    1. 6-1. 折り加工
    2. 6-2. 表面加工
    3. 6-3. 穴あけ加工
    4. 6-4. PP加工
    5. 6-5. 帯封入
  7. 7. チラシ印刷で失敗しないためのデータ作成ガイド
    1. 7-1. データ作成ソフト
    2. 7-2. データ入稿形式
    3. 7-3. カラーモード
    4. 7-4. 解像度
    5. 7-5. 塗り足し
  8. 8. チラシ印刷で効果を出すためのデザインのコツ
    1. 8-1. ターゲットに合わせたデザイン
    2. 8-2. 目的を明確にする
    3. 8-3. キャッチコピーで興味を引く
    4. 8-4. レイアウトを工夫する
    5. 8-5. 写真やイラストを効果的に使う
  9. 9. チラシ印刷の活用シーンを広げるアイデア
    1. 9-1. 新商品・サービスの告知
    2. 9-2. イベント・キャンペーンの告知
    3. 9-3. 集客・販売促進
    4. 9-4. 企業案内・会社案内
    5. 9-5. 飲食店のメニュー
  10. 10. チラシ印刷サービスの利用の流れ
    1. 10-1. 商品を選ぶ
    2. 10-2. 仕様を決める
    3. 10-3. データを入稿する
    4. 10-4. 注文を確定する
    5. 10-5. 商品が届く
  11. 11. チラシ印刷サービスを選ぶ上での注意点
    1. 11-1. 価格だけで選ばない
    2. 11-2. 納期を確認する
    3. 11-3. 品質をチェックする
    4. 11-4. サポート体制を確認する
    5. 11-5. 口コミや評判を参考にする
  12. 12. 【最新版】おすすめの格安チラシ印刷サービスランキングTOP3
    1. 12-1. 1位:ラクスル
    2. 12-2. 2位:プリントパック
    3. 12-3. 3位:グラフィック
  13. 13. オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い
    1. 13-1. 印刷方式の違い
    2. 13-2. コストの違い
    3. 13-3. 納期の比較
    4. 13-4. 向いている印刷物の違い
  14. 14. チラシ印刷の未来
    1. 14-1. オンライン化の進展
    2. 14-2. 環境への配慮
    3. 14-3. パーソナライズ化
    4. 14-4. デジタルチラシとの融合
    5. 14-5. チラシの可能性
  15. 15. チラシ印刷でよくあるトラブルと対策
    1. 15-1. 仕上がりのイメージ違い
    2. 15-2. 納期遅延
    3. 15-3. 印刷ミス
    4. 15-4. 支払いトラブル
  16. 16. チラシ印刷に関するよくある質問
  17. 17. チラシ印刷を成功させるために:まとめ

【最新版】 チラシ印刷 は通販が安い!おすすめサービス&価格比較

「 チラシ印刷 ってどこに頼めばいいか迷ってしまう…」あなたは今、そう思っていませんか?新しい商品やサービスの宣伝、イベントの告知、お店の集客など、チラシはまだまだマーケティングにおいて有効な手段です。しかし、いざチラシを作ろうと思っても、印刷会社は数多く存在し、どこを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。特に、初めて チラシ印刷 を依頼する場合は、分からないことだらけで不安を感じるのも無理はありません。
「少しでも安くチラシを作りたいけど、品質は妥協したくない…」
「納期が短いけど、間に合う印刷会社はあるのだろうか…」
「デザインに自信がないけど、プロに頼むと高額になりそうで不安だ…」
そんな悩みをお持ちのあなたへ。

この記事では チラシ印刷 の基礎知識から、印刷会社を選ぶ上での注意点、さらに印刷費用を安く抑える方法、デザインのコツまで、チラシ印刷に関するあらゆる情報を網羅しました。さらに、おすすめの格安 チラシ印刷 サービスをランキング形式でご紹介!それぞれのサービスの特徴を分かりやすく解説しているので、きっとあなたにぴったりの印刷会社が見つかるはずです。この記事を最後まで読めば、チラシ印刷に 関する疑問を解決し、自信を持って印刷会社を選ぶことができるでしょう。そして、効果的なチラシを作成し、ビジネスの成功に繋げることができるはずです。さあ、あなたもこの記事を参考にして、チラシ印刷のプロを目指しましょう!

1. チラシ印刷を安く抑えるなら印刷通販がおすすめ!

近年、集客や販促活動においてチラシはまだまだ有効な手段として活躍しています。しかし、「チラシ印刷は費用がかかる…」と諦めていませんか? そんな悩みをお持ちのあなたへ! チラシ印刷費用を抑えるなら、印刷通販の利用がおすすめです。

1-1. 印刷通販とは?

印刷通販とは、インターネットを通じてチラシやフライヤー、ポスターなどの印刷物を注文できるサービスのこと。従来の印刷会社に直接依頼するスタイルとは異なり、ウェブサイト上で商品を選び、データを入稿するだけで簡単に印刷物を発注できます。

1-2. 印刷通販を利用するメリット

印刷通販には、以下のようなメリットがあります。

  • ●低価格で印刷できる
  • ●24時間いつでも注文できる
  • ●短納期で納品してくれる
  • ●豊富な商品ラインナップ
  • ●オプション加工も充実

1-3. 印刷通販を利用するデメリット

一方で、印刷通販には以下のようなデメリットも考えられます。

  • ●現物サンプルを確認できない
  • ●対面での打ち合わせができない
  • ●トラブル発生時の対応

1-4. チラシ印刷に最適な印刷通販の選び方

数多くの印刷通販サービスの中から、チラシ印刷に最適なサービスを選ぶポイントは下記の通りです。

  • ●価格
  • ●納期
  • ●品質
  • ●サポート体制
  • ●口コミや評判

1-5. チラシ印刷費用の内訳

チラシ印刷費用は、一般的に下記の項目で構成されます。

  • ●印刷代
  • ●オプション加工代
  • ●送料

2. 【目的別】おすすめのチラシ印刷サービス3選

数ある印刷通販サービスの中から、目的別に最適なサービスを3つ厳選しました。それぞれのサービスの特徴を踏まえ、ぜひ自社のニーズに合ったサービスを見つけてみてください。

2-1. 激安価格で大量印刷したいなら:ラクスル

チラシ印刷をできるだけ安く抑えたい! 大量に印刷したい! そんな希望を叶えるなら、ラクスルがおすすめです。

  • ラクスルの特徴
  • 圧倒的な低価格を実現!
  • チラシ印刷の商品ラインナップが豊富
  • 短納期にも対応
  • ラクスルがおすすめの方
  • とにかく安くチラシ印刷をしたい方
  • 大量にチラシを印刷したい方
  • 納期を重視する方
  • ラクスルの注意点
  • 土日祝日は納期が遅くなる場合がある
  • 注文が集中すると納期が遅れる場合がある

2-2. 短納期で高品質な印刷なら:プリントパック

高品質なチラシを短納期で手に入れたいなら、プリントパックがおすすめです。

  • プリントパックの特徴
  • 業界トップクラスの短納期
  • 高品質な印刷
  • 充実したサポート体制
  • プリントパックがおすすめの方
  • 高品質なチラシを印刷したい方
  • 短納期でチラシを必要とする方
  • 印刷の知識があまりない方
  • プリントパックの注意点
  • 価格はラクスルに比べて少し高め
  • データ入稿の際に、独自のルールがある

2-3. デザインから依頼したいなら:グラフィック

デザインに自信がない、プロに依頼したいという方は、デザインから印刷までをワンストップで依頼できるグラフィックがおすすめです。

  • グラフィックの特徴
  • プロのデザイナーによる高品質なデザイン
  • 印刷までワンストップで依頼可能
  • スピーディーな対応
  • グラフィックがおすすめの方
  • デザインに自信がない方
  • プロにデザインを依頼したい方
  • とにかく手間をかけずにチラシを作りたい方
  • グラフィックの注意点
  • 印刷のみの依頼よりも費用が高くなる
  • 修正回数に制限がある場合がある

3. チラシ印刷サービス価格比較表

ここでは、前章でご紹介したおすすめのチラシ印刷サービス3社の価格を比較していきます。

今回は、ポピュラーなA4サイズ・両面カラー印刷を例に、各社が設定している価格帯を安い順にまとめました。

サービス名 片面・両面 用紙の種類 価格帯(円) 最短納期 送料
ラクスル 両面カラー コート90kg 980~ 当日発送 無料
プリントパック 両面カラー コート90kg 1,980~ 当日発送 別途
グラフィック 両面カラー コート90kg 4,980~ 3日後 無料

※料金は目安です。部数やサイズ、用紙、納期、オプション加工などによって価格は変動します。最新の情報は各社のウェブサイトをご確認ください。

価格の安さ: ラクスル > プリントパック > グラフィック

上記表からも分かる通り、最も安い価格帯でチラシ印刷を依頼できるのは「ラクスル」という結果になりました。ラクスルは業界最安値水準の価格設定が魅力で、コストを抑えたいというニーズに最適です。

2位のプリントパックはラクスルに比べるとやや高めの価格設定ですが、高品質な印刷と短納期対応に強みがあります。そして、デザインから依頼できるグラフィックは、3社の中で最も高価格帯となっています。とはいえ、チラシのデザインから印刷までワンストップで依頼できるため、時間や手間を省きたいという方にはおすすめです。このように、チラシ印刷サービスによって価格帯は大きく異なります。そのため、価格だけでなく、納期や品質、サポート体制なども考慮しながら、自社のニーズに合ったサービスを選ぶようにしましょう。

4. チラシ印刷でさらに安くする方法

チラシ印刷を少しでも安く抑えたい! そんな方のために、印刷費用をさらに安くするための方法を5つご紹介します。

4-1. 早期割引を活用する

多くの印刷会社では、納期に余裕を持って注文することで割引が適用される「早期割引」サービスを提供しています。

4-2. データ入稿で費用を抑える

印刷会社にデータを作成してもらう場合、別途デザイン料やデータ作成費用が発生します。
しかし、自分でチラシのデザインデータを作成し、データ入稿すれば、これらの費用をカットできます。

4-3. 用紙の種類を見直す

チラシ印刷の費用は、用紙の種類によって大きく変わります。
一般的に、コート紙よりもマットコート紙、上質紙よりも再生紙の方が安価です。

4-4. サイズを調整する

チラシのサイズが大きくなるほど、印刷費用は高くなります。
そのため、本当に必要なサイズかどうかを見直してみましょう。

4-5. 折り方を変える

チラシの折り加工を追加する場合、折り方によって費用が変わります。
一般的に、二つ折りよりも三つ折り、観音折りの方が加工費用が高くなる傾向があります。

5. チラシ印刷の商品の種類と特徴

チラシ印刷には、「フライヤー」「ポスター」「冊子」「はがき」「名刺」など、様々な商品があります。ここでは、それぞれの商品の種類と特徴について解説します。

5-1. フライヤー

フライヤーとは、一枚ものの印刷物で、最も一般的なチラシの種類です。新商品・サービスの案内やイベントの告知など、幅広い用途で使われています。

5-2. ポスター

ポスターは、フライヤーよりも大きいサイズの印刷物で、人目を引くために壁などに掲示して使用されます。イベント告知やキャンペーン広告など、視覚的に訴求したい場合に効果的です。

5-3. 冊子

冊子は、複数枚の紙を綴じた印刷物で、パンフレットやカタログ、会社案内などに使われます。商品やサービスについて、詳しく説明したい場合に最適です。

5-4. はがき

はがきは、郵便で送付できるサイズの印刷物で、DMや案内状、挨拶状などに使われます。宛名を印刷したり、郵便番号枠を付けたりすることもできます。

5-5. 名刺

名刺は、ビジネスシーンで自己紹介をする際に渡すカードタイプの印刷物です。氏名や会社名、連絡先などを記載します。

6. チラシ印刷によくある印刷オプション

チラシ印刷では、用途や目的に合わせて様々なオプション加工を追加できます。
オプション加工を加えることで、チラシの耐久性やデザイン性を高めたり、機能性を追加したりできます。
ここでは、チラシ印刷でよく利用されるオプション加工を5つご紹介します。

6-1. 折り加工

折り加工とは、チラシを指定のサイズに折り畳む加工のことです。二つ折り、三つ折り、観音折りなど、様々な折り方があります。

  • メリット
  • チラシをコンパクトにまとめられる
  • 持ち運びや保管に便利
  • 折り方によってデザイン性を高められる
  • デメリット
  • 折り加工によって、チラシのデザインが制限される場合がある
  • 折り加工費用が追加でかかる

6-2. 表面加工

表面加工とは、チラシの表面に特殊な加工を施すことで、見た目を美しくしたり、耐久性を高めたりする加工です。UVコーティング、PP加工、ラミネート加工など、様々な種類があります。

  • メリット
  • チラシの高級感を演出できる
  • 汚れや傷からチラシを守ることができる
  • 発色や質感を向上させることができる
  • デメリット
  • 表面加工費用が追加でかかる
  • 表面加工の種類によっては、リサイクルに適さない場合がある

6-3. 穴あけ加工

穴あけ加工とは、チラシに穴を開ける加工のことです。パンチ穴やハトメ穴などがあります。

  • メリット
  • 壁などに掲示しやすくなる
  • ファイルに綴じやすくなる
  • デザインのアクセントになる
  • デメリット
  • 穴あけ加工費用が追加でかかる
  • 穴の位置によっては、チラシのデザインが制限される場合がある

6-4. PP加工

PP加工とは、ポリプロピレン製のフィルムを貼り合わせることで、チラシに耐久性や耐水性を付与する加工です。マットPP加工やグロスPP加工などがあります。

  • メリット
  • チラシを汚れや水濡れから守ることができる
  • 耐久性が高く、破れにくい
  • 高級感を演出できる
  • デメリット
  • PP加工費用が追加でかかる
  • リサイクルに適さない場合がある

6-5. 帯封入

帯封入とは、二つ折りや三つ折りにしたチラシを、帯状の紙で巻いて封をする加工です。新商品案内やキャンペーン告知など、特別感を演出したい場合に効果的です。

  • メリット
  • チラシを開封する楽しみを与えることができる
  • 高級感を演出できる
  • チラシの内容を強調することができる
  • デメリット
  • 帯封入費用が追加でかかる
  • 帯のデザインによっては、チラシのデザインが制限される場合がある

7. チラシ印刷で失敗しないためのデータ作成ガイド

せっかくチラシを印刷するなら、イメージ通りに仕上げたいですよね。印刷通販では、印刷用のデータを入稿するのが一般的です。しかし、データ作成の知識がないまま作成してしまうと、思わぬミスが発生し、イメージ通りの仕上がりにならないことも…。そこで、ここではチラシ印刷で失敗しないためのデータ作成のポイントを5つに分けて解説します。

7-1. データ作成ソフト

チラシのデザインデータは、Illustrator(イラストレーター)、Photoshop(フォトショップ)などのグラフィックソフトを使って作成するのが一般的です。これらのソフトはプロのデザイナーも使用する高機能なソフトですが、有料のため、使い慣れない方にとってはハードルが高いと感じるかもしれません。最近では、CanvaやAdobe Expressといった無料で使えるデザインツールも充実しており、これらのツールでも十分クオリティの高いチラシのデザインが可能です。これらのツールは、デザインテンプレートや素材が豊富に用意されているため、デザイン初心者の方でも直感的に操作できます。

7-2. データ入稿形式

印刷会社によって、入稿可能なデータ形式が異なります。一般的には、PDF形式での入稿が推奨されています。PDF形式は、異なるOSやソフトウェア環境でもレイアウトが崩れにくく、文字化けなどのトラブルも発生しにくいというメリットがあります。印刷会社にデータを入稿する前に、必ずウェブサイトで推奨されているデータ形式や、入稿方法、データ作成の注意点などを確認しておきましょう。

7-3. カラーモード

印刷に使用するカラーモードは「CMYK」で作成しましょう。パソコンやスマートフォンの画面表示に用いられる「RGB」カラーモードでデータを作成してしまうと、印刷時に色味が大きく異なってしまいます。CMYKは印刷用のカラーモードであり、RGBよりも色の再現範囲が狭いため、くすんで見えたり、暗く印刷されてしまう可能性があります。印刷会社に入稿する前に、必ずCMYKカラーモードに変換しておきましょう。

7-4. 解像度

チラシ印刷に適した解像度は300dpi以上が推奨されています。解像度とは、画像のきめ細かさを表す数値で、dpi(dots per inch)という単位で表されます。¥解像度が低い画像を印刷すると、画像が粗く、ぼやけた仕上がりになってしまいます。チラシのデザインに画像を使用する場合は、必ず300dpi以上の高解像度の画像を使用しましょう。

7-5. 塗り足し

チラシを印刷する際は、「塗り足し」を作成しておくことが重要です。塗り足しとは、チラシの仕上がりサイズよりも外側に、背景色や画像を3mm程度ずつ広げておくことです。チラシを裁断する際に、多少のズレが生じることがあります。塗り足しがない場合、裁断のズレによって、チラシの端に白い余白が出てしまう可能性があります。塗り足しを設けることで、裁断のズレが生じても、白い余白が出ないようにすることができます。

8. チラシ印刷で効果を出すためのデザインのコツ

チラシは、ただ印刷すればいいというものではありません。せっかくお金をかけてチラシを印刷するからには、多くの人に手に取ってもらい、購買や来店などのアクションに繋げたいですよね。そこで、ここではチラシ印刷で効果を出すためのデザインのコツを5つご紹介します。

8-1. ターゲットに合わせたデザイン

誰にでも響くチラシデザインはありません。誰に伝えたいのか、ターゲット層を明確にすることで、効果的なデザインが見えてきます。

8-2. 目的を明確にする

チラシを作成する目的を明確にしましょう。商品購入、資料請求、イベントへの集客など、チラシを通してユーザーにどのような行動を取ってほしいのかを明確にすることで、デザインの方向性を定めることができます。

8-3. キャッチコピーで興味を引く

チラシを見た人の目に止まり、手に取ってもらうためには、魅力的なキャッチコピーが重要です。限られた文字数の中で、ターゲット層の心を掴むような、インパクトのあるキャッチコピーを考えましょう。

8-4. レイアウトを工夫する

チラシは、視線の流れを意識してレイアウトを組むことが大切です。一般的に、人は左上から右下へと視線を動かすとされています。そのため、重要な情報や伝えたいことは、左上に配置するZ型レイアウトや、中央に視線を誘導するシンメトリーレイアウトなどが効果的です。

8-5. 写真やイラストを効果的に使う

チラシに写真やイラストを入れることで、視覚的に訴求することができます。例えば、飲食店のチラシであれば、美味しそうな料理の写真を大きく掲載することで、食欲をそそることができます。ただし、写真やイラストばかりが多すぎると、情報が伝わりにくくなってしまうため注意が必要です。写真やイラストはあくまで情報を補完する役割として、バランスよく配置することが重要です。

9. チラシ印刷の活用シーンを広げるアイデア

チラシは、アイデア次第で様々なシーンで活用できます。ここでは、チラシ印刷の活用シーンを広げるアイデアを5つご紹介します。

9-1. 新商品・サービスの告知

新商品やサービスを顧客に知ってもらうためには、チラシは有効な手段です。商品の魅力やサービスの内容、価格などを分かりやすく伝え、顧客の購買意欲を高めましょう。

  • 効果的なチラシ作成のポイント
  • ターゲット層に響くキャッチコピーで興味を引く
  • 商品・サービスのメリットや差別化ポイントを明確に伝える
  • 写真やイラストを効果的に使い、視覚的に訴求する
  • クーポンや割引など、顧客にとってメリットのある情報を掲載する

9-2. イベント・キャンペーンの告知

イベントやキャンペーンの告知にも、チラシは広く活用されています。
開催日時や場所、イベント内容、キャンペーンの詳細などを掲載し、多くの人に足を運んでもらいましょう。

  • 効果的なチラシ作成のポイント
  • イベント・キャンペーンの目的やターゲットを明確にする
  • 目を引くデザインで、イベントの雰囲気を伝える
  • 開催日時や場所などの重要な情報を分かりやすく掲載する
  • 来場特典や割引など、顧客にとってメリットのある情報を掲載する

9-3. 集客・販売促進

チラシは、店舗への集客や商品の販売促進にも効果的です。
クーポンや割引券を付けることで、来店や購買を促進することができます。

  • 効果的なチラシ作成のポイント
  • ターゲット層を絞り込み、ニーズに合わせた情報を掲載する
  • 店舗の場所やアクセス方法を分かりやすく伝える
  • 商品・サービスの魅力をアピールし、購買意欲を高める
  • クーポンや割引など、顧客にとってメリットのある情報を掲載する
  • 有効期限を設定することで、来店を促す

9-4. 企業案内・会社案内

企業理念や事業内容、商品・サービスなどを紹介する企業案内・会社案内にも、チラシは活用できます。取引先や顧客との信頼関係を築き、企業価値を高めるために重要なツールとなります。

  • 効果的なチラシ作成のポイント
  • 企業理念やビジョンを分かりやすく伝える
  • 事業内容や実績を具体的に紹介する
  • 商品・サービスの魅力をアピールする
  • デザインにこだわり、企業イメージを統一する
  • 連絡先を明確に記載する

9-5. 飲食店のメニュー

飲食店では、メニュー表としてチラシを活用するケースも増えています。写真付きでメニューを紹介することで、顧客の食欲をそそり、注文を促進することができます。

  • 効果的なチラシ作成のポイント
  • 写真を効果的に使い、料理の魅力を最大限に伝える
  • メニュー名や価格を分かりやすく記載する
  • アレルギー情報や食材の産地など、顧客が求める情報を掲載する
  • テイクアウトやデリバリーに対応している場合は、その旨を明記する

10. チラシ印刷サービスの利用の流れ

チラシ印刷サービスの利用方法は、サービスによって多少異なりますが、基本的な流れはほぼ同じです。 ここでは、一般的なチラシ印刷サービスの利用の流れを5つのステップでご紹介します。

10-1. 商品を選ぶ

まずは、印刷したい商品の種類を選びます。チラシ、フライヤー、ポスター、冊子、名刺など、印刷会社によって取り扱っている商品は様々です。希望する商品を取り扱っている印刷会社を選びましょう。

10-2. 仕様を決める

次に、印刷物の仕様を決めます。仕様とは、サイズ、用紙の種類、印刷色数、折り加工の有無、部数など、印刷物に関する詳細な設定のことです。

10-3. データを入稿する

仕様が決まったら、印刷会社にデータを入稿します。データは、PDF形式で入稿するのが一般的です。データを入稿する前に、印刷会社のウェブサイトで推奨されているデータ形式や、入稿方法、データ作成の注意点などを確認しておきましょう。

10-4. 注文を確定する

データの入稿が完了したら、注文内容を確認し、支払い方法などを選択して注文を確定します。支払い方法は、クレジットカード決済、銀行振込、代金引換など、印刷会社によって異なります。

10-5. 商品が届く

注文が確定したら、印刷会社で印刷作業が行われ、指定した納期に合わせて商品が発送されます。商品到着後、内容に間違いがないか確認しましょう。

11. チラシ印刷サービスを選ぶ上での注意点

チラシ印刷サービスは数多く存在し、それぞれ特徴が異なります。そのため、サービス選びで失敗しないためには、いくつかの重要なポイントを押さえておく必要があります。ここでは、チラシ印刷サービスを選ぶ上で注意すべき5つのポイントを解説します。

11-1. 価格だけで選ばない

チラシ印刷サービスを選ぶ際に最も気になるのは価格かもしれませんが、価格だけで選んでしまうのは危険です。極端に安いサービスの場合、印刷の品質が悪かったり、後から追加料金が発生したりする可能性もあります。複数のサービスを比較し、価格と品質、サービス内容などを総合的に判断することが大切です。

11-2. 納期を確認する

チラシをいつまでに必要なのか、納期は重要な要素です。印刷会社によって、最短納期や標準納期が異なります。特に、急ぎでチラシが必要な場合は、当日発送や翌日発送に対応しているかを確認しましょう。また、繁忙期など、納期が通常よりも遅くなる場合もあるため、余裕を持って注文することが大切です。

11-3. 品質をチェックする

チラシの品質は、企業や商品のイメージを左右する重要な要素です。印刷会社によって、使用している印刷機やインク、用紙の種類などが異なり、仕上がりの品質も異なります。事前に印刷サンプルを取り寄せたり、ウェブサイトで過去の制作事例を確認したりして、品質レベルをチェックしましょう。特に、色味や紙質にこだわりがある場合は、事前に確認することが重要です。

11-4. サポート体制を確認する

初めてチラシ印刷サービスを利用する場合や、データ作成に不安がある場合は、サポート体制が充実している印刷会社を選ぶと安心です。電話やメールで問い合わせできるだけでなく、データ作成のサポートや、印刷に関する相談に乗ってくれるサービスもあります。また、トラブル発生時の対応なども確認しておきましょう。

11-5. 口コミや評判を参考にする

実際にその印刷会社を利用した方の口コミや評判は、サービスの質を知る上で貴重な情報源となります。インターネット上の口コミサイトや比較サイトなどを参考に、評判の良い印刷会社を選びましょう。ただし、口コミはあくまでも個人の感想であるため、参考程度にとどめ、最終的には自分で判断することが大切です。

12. 【最新版】おすすめの格安チラシ印刷サービスランキングTOP3

数あるチラシ印刷サービスの中から、特におすすめのサービスをランキング形式で3社ご紹介します。今回は「価格の安さ」「納期の速さ」「印刷品質の高さ」の3つのポイントを重視し、さらに「対応サービスの充実度」も加味して評価しました。

12-1. 1位:ラクスル

総合評価:★★★★★

  • 価格の安さ:★★★★★
  • 納期の速さ:★★★★☆
  • 印刷品質の高さ:★★★★☆
  • 対応サービスの充実度:★★★★★

ラクスルは、業界最安値水準の価格設定が最大の魅力です。独自のシステムと全国の印刷会社とのネットワークにより、高品質な印刷を驚きの価格で提供しています。 チラシ印刷だけでなく、ポスター、冊子、名刺など、幅広い商品を取り扱っている点もポイントが高いです。最短当日発送にも対応しており、急な依頼にも柔軟に対応してくれます。また、ウェブサイト上で簡単に注文できるだけでなく、データ作成のサポートも充実しており、初めての方でも安心して利用できます。

12-2. 2位:プリントパック

総合評価:★★★★☆

  • 価格の安さ:★★★★☆
  • 納期の速さ:★★★★★
  • 印刷品質の高さ:★★★★★
  • 対応サービスの充実度:★★★★☆

プリントパックは、高品質な印刷と短納期対応に定評があります。最新鋭の印刷設備と高い技術力を持つ印刷会社と提携しており、美しい仕上がりを実現しています。最短当日発送にも対応しており、業界トップクラスのスピード納品が可能です。また、電話やメールでのサポート体制も充実しており、印刷の知識があまりない方でも安心して利用できます。

12-3. 3位:グラフィック

総合評価:★★★★☆

  • 価格の安さ:★★★☆☆
  • 納期の速さ:★★★★☆
  • 印刷品質の高さ:★★★★☆
  • 対応サービスの充実度:★★★★★

グラフィックは、デザインから印刷までをワンストップで依頼できる点が最大の魅力です。経験豊富なプロのデザイナーが、イメージ通りのチラシデザインを提案してくれます。デザインに自信がない方や、時間がない方におすすめです。最短3日で納品してくれるので、急な依頼にも対応可能です。

13. オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い

チラシ印刷には、「オフセット印刷」と「オンデマンド印刷」という2つの印刷方式があります。
それぞれにメリット・デメリットがあるため、チラシの内容や部数、予算などに合わせて最適な印刷方式を選びましょう。

13-1. 印刷方式の違い

  • オフセット印刷
  • 版と呼ばれる印刷用の型を作成し、インクを版に転写して印刷する方法です。 大量印刷に適しており、高品質な印刷が可能です。
  • オンデマンド印刷
  • パソコンで作成したデータをもとに、印刷機で直接印刷する方法です。少部数印刷に適しており、短納期で印刷できます。

13-2. コストの違い

  • オフセット印刷
  • 版を作成する必要があるため、初期費用は高くなります。ただし、大量印刷の場合は、1枚あたりの単価は安くなります。
  • オンデマンド印刷
  • 版を作成する必要がないため、初期費用はかかりません。少部数印刷の場合は、オフセット印刷よりもコストを抑えられます。

13-3. 納期の比較

  • オフセット印刷
  • 版を作成する必要があるため、オンデマンド印刷に比べて納期は長くなります。
  • オンデマンド印刷
  • データを入稿後、すぐに印刷作業に入れるため、短納期で印刷できます。

13-4. 向いている印刷物の違い

  • オフセット印刷
  • 大量印刷、高品質な印刷、写真やイラストが多い印刷物に適しています。
    例:チラシ、カタログ、パンフレット、ポスターなど
  • オンデマンド印刷
  • 少部数印刷、短納期、可変印刷(1枚ずつ内容を変更できる印刷)に適しています。
    例:名刺、DM、チラシ(少部数の場合)、小冊子など
  • 14. チラシ印刷の未来

    テクノロジーの進化や社会の変化に伴い、チラシ印刷業界も日々進化を続けています。
    ここでは、チラシ印刷の未来について、5つの視点から考察していきます。

    14-1. オンライン化の進展

    インターネットの普及により、チラシ印刷の注文からデータ入稿、納品まで、オンラインで完結するサービスが一般的になりつつあります。

    14-2. 環境への配慮

    近年、環境問題への関心の高まりから、チラシ印刷業界においても、環境に配慮した取り組みが重要視されています。

    14-3. パーソナライズ化

    デジタル印刷技術の発展により、1枚ずつ内容を変えられる「可変印刷」が可能になりました。

    14-4. デジタルチラシとの融合

    スマートフォンやタブレットの普及に伴い、デジタルチラシの活用が広がっています。

    14-5. チラシの可能性

    デジタル化が進む現代においても、チラシは情報をダイレクトに届け、顧客にアクションを促すことができる強力なツールとしての可能性を秘めています。

    15. チラシ印刷でよくあるトラブルと対策

    チラシ印刷では、時にはトラブルが発生することもあります。ここでは、よくあるトラブルと、その対策について解説します。事前にトラブルを想定し、対策を講じておくことで、安心してチラシ印刷を進めることができます。

    15-1. 仕上がりのイメージ違い

    ウェブサイト上で確認した色味と、実際に印刷されたチラシの色味が異なって見えることがあります。これは、パソコンやスマートフォンの画面表示と、印刷物の色味が異なることが原因です。

    • 対策
    • 印刷前に「色校正」を行い、実際に印刷された色味を確認する。
    • データを作成する際は、印刷会社が推奨するカラーモード(CMYK)を使用する。

    15-2. 納期遅延

    印刷会社の繁忙期や、自然災害などの影響により、チラシの納期が遅れてしまうことがあります。

    • 対策
    • 納期に余裕を持って、早めに注文する。
    • 複数の印刷会社に見積もりを依頼し、納期が早い印刷会社を選ぶ。
    • 印刷会社と密に連絡を取り、納期の状況を確認する。

    15-3. 印刷ミス

    文字の誤植や、画像のズレ、汚れなどの印刷ミスが発生することがあります。

    • 対策
    • データを入稿する前に、誤字脱字やレイアウトのミスがないか、しっかりと校正する。
    • 印刷会社に「データチェック」を依頼し、データ上の問題点がないか確認してもらう。
    • 万が一、印刷ミスが発生した場合は、印刷会社に連絡し、再印刷などの対応を依頼する。

    15-4. 支払いトラブル

    支払い方法や支払い期限に関するトラブルが発生することがあります。

    • 対策
    • 注文前に、支払い方法や支払い期限、キャンセル規定などをしっかりと確認する。
    • 支払いに関する不明点があれば、事前に印刷会社に問い合わせておく。

    16. チラシ印刷に関するよくある質問

    チラシ印刷について、お客様からよくいただく質問をまとめました。

    Q1. チラシ印刷はなぜ印刷通販がお得なの?

    A1. 印刷通販は、店舗を持たずにインターネット上で営業しているため、従来の印刷会社に比べてコストを抑えることができます。そのため、低価格で高品質な印刷サービスを提供できることが大きなメリットです。

    Q2. 印刷通販を利用する際に注意すべき点は?

    A2. 印刷通販は、画面上で仕上がりを確認するため、実際に印刷されたものと色味や質感が異なる場合があります。また、対面での打ち合わせが難しい場合もあるため、事前に印刷会社の情報や口コミなどを確認し、不明点は問い合わせることが重要です。

    Q3. チラシ印刷の費用相場は?

    A3. チラシ印刷の費用は、サイズ、用紙、印刷色数、部数、納期、オプション加工などによって異なります。そのため、一概には言えませんが、目安としてA4サイズ・両面カラー・1,000部で1万円〜数万円程度が相場となります。

    Q4. チラシ印刷のデータはどのように作成すればいいの?

    A4. チラシ印刷のデータは、IllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトで作成するのが一般的ですが、Canvaなどの無料のデザインツールでも作成可能です。データ入稿形式は印刷会社によって異なるため、事前に確認が必要です。

    Q5. チラシ印刷の納期はどれくらい?

    A5. チラシ印刷の納期は、印刷会社、商品、仕様、部数などによって異なります。最短で当日発送に対応している印刷会社もありますが、一般的には3日〜1週間程度が目安となります。

    Q6. チラシ印刷で安くする方法はある?

    A6. チラシ印刷を安くするには、早期割引を活用したり、データ入稿したり、用紙の種類を見直したり、サイズを調整したり、折り方を変えるなどの方法があります。

    Q7. チラシにどんな種類があるの?

    A7. チラシには、「フライヤー」「ポスター」「冊子」「はがき」「名刺」など、様々な種類があります。それぞれの用途や目的に合わせて最適な種類を選びましょう。

    Q8. チラシ印刷でどんなオプション加工ができる?

    A8. チラシ印刷では、「折り加工」「表面加工」「穴あけ加工」「PP加工」「帯封入」などのオプション加工ができます。

    Q9. チラシのデザインで効果を出すコツは?

    A9. ターゲットに合わせたデザインにする、目的を明確にする、キャッチコピーで興味を引く、レイアウトを工夫する、写真やイラストを効果的に使うなどのコツがあります。

    Q10. チラシはどんな時に使えばいいの?

    A10. チラシは、新商品・サービスの告知、イベント・キャンペーンの告知、集客・販売促進、企業案内・会社案内、飲食店のメニューなど、様々なシーンで活用できます。

    Q11. チラシ印刷の注文はどうすればいい?

    A11. チラシ印刷の注文は、印刷会社のウェブサイトから行うのが一般的です。ウェブサイト上で商品を選び、仕様を決め、データを入稿し、注文を確定します。

    Q12. オフセット印刷とオンデマンド印刷って何が違うの?

    A12. オフセット印刷は大部数印刷に向いており、高品質で低コストですが、納期は長くなります。一方、オンデマンド印刷は少部数印刷に向いており、短納期対応が可能ですが、1枚あたりの単価は高くなります。

    Q13. チラシ印刷でよくあるトラブルは?

    A13. チラシ印刷でよくあるトラブルには、「仕上がりのイメージ違い」「納期遅延」「印刷ミス」「支払いトラブル」などがあります。

    Q14. チラシ印刷で失敗しないためには?

    A14. チラシ印刷で失敗しないためには、印刷会社をしっかりと選び、事前に情報収集や見積もり比較を行い、不明点を解消しておくことが大切です。

    Q15. チラシ印刷の未来はどうなる?

    A15. チラシ印刷は、オンライン化、環境への配慮、パーソナライズ化、デジタルチラシとの融合などが進展していくと考えられています。

    17. チラシ印刷を成功させるために:まとめ

    チラシは、顧客に直接情報を届け、行動を促すことができる効果的なマーケティングツールです。しかし、ただ闇雲にチラシを作成・配布するだけでは、期待する効果を得ることはできませんチラシ印刷で成功するためには、ターゲット、目的、予算、納期などを明確にした上で、最適な印刷会社を選び、効果的なデザインのチラシを作成することが重要です。
    印刷会社を選ぶ際には、価格だけでなく、品質、納期、サポート体制なども考慮しましょう。近年では、オンラインで簡単に注文できる印刷通販サービスも充実しており、低価格で高品質なチラシ印刷を依頼することができます。デザインを作成する際には、ターゲット層に響くデザイン、分かりやすいレイアウト、魅力的なキャッチコピーなどを意識しましょう。
    また、写真やイラストを効果的に活用することで、視覚的に訴求することも可能です。チラシ印刷は、入稿データの作成や印刷工程など、専門的な知識が必要となる部分もあります。初めてチラシ印刷を行う場合は、印刷会社に相談しながら進めることをおすすめします。
    近年、デジタル化の波は印刷業界にも押し寄せており、チラシ印刷も進化を続けています。オンライン化、環境への配慮、パーソナライズ化などが進展しており、デジタルチラシとの融合も進んでいます。今後も、チラシ印刷は、時代に合わせて変化していくことが予想されますが、顧客に情報を伝え、行動を促すという役割は変わらないでしょう。チラシ印刷のメリットを最大限に活かし、効果的なマーケティング活動を実現していきましょう。
    この記事が、あなたのチラシ印刷を成功させるための一助となれば幸いです。

    チラシのことはコチラまで

    法人営業専門のチラシ制作サービス「チラシビズ」

    法人営業専門のチラシ制作サービス「チラシビズ」では、チラシのデザイン・印刷・リストアップ・梱包・発送代行までワンストップで対応いたします。
    お客様の大切なメッセージを込めてチラシを作成し、未来の顧客へ直接届けて営業効果の向上につなげます。

    お問い合わせはこちら

    新着記事

               
    • 本社所在地 :〒479-0055 愛知県常滑市広内15-5
    • 制作オフィス:〒479-0863 愛知県常滑市西之口7丁目126
    • 営 業 時 間  :9:00〜18:00
    • 電 話 番 号  :0569-76-0654
    チラシビス

    会社概要 実績 セールス支援 マーケティング支援 ブランディング支援 記事一覧

    X