自分でできるチラシデザインの極意!無料テンプレートで簡単作成&高品質印刷 - 株式会社デザインのちから
お問い合わせ

ビジネスのちからに。広告・デザインの考え方。

自分でできるチラシデザインの極意!無料テンプレートで簡単作成&高品質印刷

自分でできるチラシデザインの極意!無料テンプレートで簡単作成&高品質印刷

チラシデザイン

チラシ は、営業活動において最も効果的な販促ツールの一つです。しかし、デザイン会社に依頼すると費用がかさむため、自分でデザインしたいと考える方も多いのではないでしょうか。このページでは、デザイン知識ゼロの方でも、自分で高品質な チラシ を作成できる方法を紹介します。無料テンプレートを活用すれば、簡単に作成を始められます。

チラシビズ

1.チラシデザインの基礎:無料テンプレートで簡単作成

無料で高品質なチラシを作りたい!でも、デザイン知識や時間がない…そんな方におすすめなのが、無料テンプレートを活用したチラシ作成です。ここでは、以下の内容を詳しく解説します。

  • 無料テンプレートサイト5選: 豊富なテンプレートから、目的に合ったデザインを見つけよう。
  • テンプレートを選ぶポイント: ターゲット層や目的に合ったテンプレートを選ぶためのコツ。
  • テンプレートを編集する際の注意点: 著作権や画像の利用規約などに注意して編集しよう。
チラシ デザイン

1-1.無料のテンプレートサイト5選

 

各テンプレートサイトの特徴

  • Canva
  • ◦豊富なテンプレートと使いやすい編集画面。デザイン初心者におすすめ。
  • ◦100種類以上のデザインカテゴリと5万点以上のテンプレートを提供。
  • ◦ドラッグ&ドロップで簡単に編集できる。
  • ◦無料素材も豊富に用意。
  • Adobe Express
  • ◦洗練されたデザインテンプレート。ワンランク上のチラシを作成したい人向け。
  • ◦Adobe Stockの高品質な写真やイラスト素材を無料で使える。
  • ◦AI搭載の自動編集機能で、簡単にデザインを作成できる。
  • ◦オリジナルのブランドキットを作成できる。
  • ラクスル
  • ◦テンプレートと印刷サービスが一体。印刷まで一括で依頼したい人向け。
  • ◦写真と文字を入れるだけのテンプレートもあり
  • ◦最短当日出荷のスピード印刷。
  • ◦業種毎のテンプレートで30分で制作できる。
  • デザインAC
  • ◦高品質なデザインテンプレート。商用利用可能なテンプレートも豊富。
  • ◦1万点以上のチラシテンプレートを提供。
  • ◦ダウンロード数は累計1200万件を超える。
  • ◦有料プランでは、独占販売テンプレートも利用可能。
  • Pixta
  • ◦商用利用可能な写真素材。訴求力のあるチラシを作成したい人向け。
  • ◦2200万点以上の写真素材を提供するサービス。
  • ◦PowerPointで簡単に操作できる
  • ◦買い切りプランとサブスクリプションプランを提供。

1-2.テンプレートを選ぶポイント

各ポイントの詳細

  • ターゲット層
  • ◦年齢層、性別、職業、価値観などを考慮する。
  • ◦ターゲット層に合致したデザインを選ぶ。
  • 目的
  • ◦告知、販売促進、集客など、目的を明確にする。
  • ◦目的に合致したデザインを選ぶ。
  • デザイン
  • ◦色、フォント、レイアウトなど、全体のバランスを考慮する。
  • ◦訴求ポイントを強調するデザインを選ぶ。
  • 編集のしやすさ
  • ◦文字や画像を入れ替えやすいテンプレートを選ぶ。
  • ◦デザイン初心者でも使いやすいテンプレートを選ぶ。

1.3.テンプレートを編集する際の注意点

各注意点の詳細

  • 著作権
  • ◦テンプレートや素材の著作権を確認する。
  • ◦著作権侵害にならないように注意する。
  • 画像利用規約
  • ◦画像の利用規約を確認する。
  • ◦商用利用可能な画像を使用する。
  • 文字の読みやすさ
  • ◦読みやすいフォント、文字サイズ、行間を使用する。
  • ◦色彩コントラストも考慮する。
  • 誤字脱字
  • ◦誤字脱字がないか、しっかりと確認する。
  • 印刷時の注意点
  • ◦印刷用データの形式を確認する。
  • ◦仕上がりイメージと実際の印刷結果が異なる場合がある。

おすすめのチラシ制作サービスはこちら

チラシビズ

2. デザイン知識ゼロでも大丈夫!チラシデザインのコツ

無料で高品質なチラシを作れた!でも、デザインがイマイチで効果が出ない…。そんな悩みを抱えていませんか?実は、デザイン知識がなくても、ちょっとしたコツを押さえるだけで、訴求力のあるチラシを作成することができます。ここでは、以下の内容を詳しく解説します。

  • •訴求ポイントを明確にする: ターゲット層の心理、自社の強み、具体的な行動を明確にする。
  • •ターゲットに合わせたデザインにする: 年齢層、性別、職業、価値観に合わせたデザインで、より多くの人に訴求。
  • •レイアウトの基本を理解する: 黄金比や3分割構図など、視覚的に訴えるレイアウトをマスター。

2-1. 訴求ポイントを明確にする

チラシデザインの目的は、情報をわかりやすく伝えることです。チラシは限られたスペースしかないため、コンパクトかつ要点を押さえた内容が求められます。また、読み手に対して興味を引くために、魅力的なレイアウトや見出しを使うことが重要です。

  • ターゲット層のニーズを把握する
  • ◦年齢層、性別、職業、価値観などを調査する。
  • ◦ターゲット層が抱えている課題や悩みを理解する。
  • 競合との差別化ポイントを明確にする
  • ◦競合他社がどのようなチラシを作っているのかを分析する。
  • ◦自社の商品・サービスの強みを明確にする。
  • 具体的な行動を促す
  • ◦クーポンや特典を用意する。
  • ◦問い合わせ先や販売場所を明記する。
  • ◦SNSの登録やクチコミを明記する

2-2. ターゲットに合わせたデザインにする

チラシを効果的に活用するためには、ターゲットに合わせたデザインにすることが重要です。ここでは、業種別、配布方法別、目的別に、ターゲットに合わせたデザインのポイントを解説します。

【業種別】

不動産

  • ターゲット層
  • ◦ファミリー層:明るく親しみやすいデザイン
  • ◦単身者:スタイリッシュで洗練されたデザイン
  • ◦高齢者:見やすく読みやすいデザイン
  • デザインのポイント
  • ◦写真やイラストを効果的に活用する
  • ◦間取り図や周辺環境の情報をわかりやすく伝える
  • ◦物件の魅力を訴求するキャッチコピーを入れる

飲食店

  • ターゲット層
  • ◦ファミリー層:明るく賑やかな雰囲気のデザイン
  • ◦女性客:おしゃれでかわいいデザイン
  • ◦男性客:落ち着いた雰囲気のデザイン
  • デザインのポイント
  • ◦雰囲気を伝える店舗の内観や外観の写真を使用する
  • ◦メニューをわかりやすくレイアウトする
  • ◦お得な情報をアピールする

カフェ

  • ターゲット層
  • ◦女性客:おしゃれでかわいいデザイン
  • ◦学生:落ち着いた雰囲気で勉強しやすいデザイン
  • ◦ビジネスマン:Wi-Fi環境や電源の有無をアピールするデザイン
  • デザインのポイント
  • ◦お店のコンセプトを伝える写真やイラストを使用する
  • ◦メニューを写真付きで紹介する
  • ◦居心地の良さをアピールする

【配布方法別】

ポスティング

  • ターゲット層
  • ◦地域住民:地域に密着したデザイン
  • ◦特定の年齢層:その年齢層に合わせたデザイン
  • ◦特定の性別:その性別合わせたデザイン
  • デザインのポイント
  • ◦わかりやすい見出しとキャッチコピーを入れる
  • ◦興味を引くような写真やイラストを使用する
  • ◦配布地域に合わせた情報を記載する

折込広告

  • ターゲット層
  • ◦新聞購読者:年齢層の高いターゲットが多い
  • ◦フリーペーパー読者:若い世代や女性が多い
  • ◦広報誌読者:団体所属者や地域の住人
  • デザインのポイント
  • ◦新聞やフリーペーパーの内容に合わせたデザインにする
  • ◦広告スペースが限られているので、簡潔にまとめる

手配り

  • ターゲット層
  • ◦既存客:来店・来社時に配布する
  • ◦イベント来場者:フェスや展示会等のイベント出展時
  • ◦通行人:人通りが多い場所で配布
  • デザインのポイント
  • ◦訴求ポイントがひと目でわかる
  • ◦手持ちしやすいB5サイズにする
  • ◦クーポン券など捨てにくい工夫をする

【目的別】

集客

  • ターゲット層
  • ◦新規顧客:お店の存在をアピールするデザイン
  • ◦既存顧客:リピート来店を促すデザイン
  • デザインのポイント
  • ◦新規のお客様にはお得な情報をアピールする
  • ◦既存のお客様には限定クーポンなどを発行する

求人募集

  • ターゲット層
  • ◦募集する年代、職種のイメージに合わせたデザイン
  • デザインのポイント
  • ◦職場の雰囲気写真、従業員の写真、仕事の魅力や働きやすさ

2-3. レイアウトの基本を理解する

レイアウトの基本を理解することで、視覚的に訴えるチラシを作ることができます。 以下を参考に、黄金比や3分割構図などを活用したレイアウトを検討して情報を配置しましょう。

  • 黄金比
  • ◦1:1.618の比率は、視覚的に美しいと感じる比率。
  • ◦チラシ全体のレイアウトや、画像とテキストの配置に活用。
  • 3分割構図
  • ◦画面を縦横3分割した線で9つのエリアに分割。
  • ◦重要な要素を交点に配置することで、視線を誘導。
  • 視線の流れ
  • ◦Fの法則:人は最初に左上から右上、次に左下へ視線を動かす。
  • ◦Zの法則:人は最初に左上から右上、次に左下、最後に右下へ視線を動かす。

2-4. 色が表すイメージ

色はチラシに与える印象の違いを表します。ターゲット層に合わせた色を選ぶことで、より効果的に情報を伝えることができます。ここでは、代表的なカラーイメージと、チラシデザインへの活用方法をご紹介します。

  • ◦イメージ: 情熱、活力、警告、危険
  • ◦セールやキャンペーンの告知など、注目を集めたい部分に使用/li>
  • ◦スポーツジムやエナジードリンクなど、インパクトを表現したいチラシに使用
  • ◦注意喚起や危険性を伝えたい部分に使用
  • ピンク
  • ◦イメージ: 愛情、優しさ、女性らしさ、かわいい
  • ◦コスメやスイーツなど、女性向けの商品・サービスのチラシに使用
  • ◦託児所やウェディング関連など、優しさを表現したいチラシに使用
  • ◦イベントやキャンペーンのチラシに使用
  • ◦イメージ: 信頼、誠実さ、冷静さ、清潔感
  • ◦医療機関や金融機関など、信頼性を重視したいチラシに使用
  • ◦オフィス用品や家電製品など、清潔感を表現したいチラシに使用
  • ◦ビジネスシーンやフォーマルなイベントのチラシに使用
  • ◦イメージ: 自然、癒し、健康、安心
  • ◦食品や飲料など、自然素材を使用した商品・サービスのチラシに使用
  • ◦リラクゼーションやエステなど、癒しをテーマとしたチラシに使用
  • ◦環境問題やオーガニック関連のチラシに使用
  • ◦イメージ: 清潔感、シンプルさ、新しい、純粋さ
  • ◦背景色として使用することで、他の色を引き立てる
  • ◦文字やロゴに使用することで、読みやすさを向上させる
  • ◦シンプルでおしゃれなイメージのチラシに使用
  • ◦イメージ: 高級感、力強さ、フォーマル、神秘
  • ◦高級ブランドや精密機器など、高級感を表現したいチラシに使用
  • ◦モノクロ写真と組み合わせることで、スタイリッシュな印象を与える
  • ◦重要な情報を強調したい部分に使用

上記以外にも、色を組み合わせることで、様々なイメージを表現することができます。例えば、赤と青を組み合わせることで、活力と信頼感を同時に表現することができます。カラーイメージを理解し、ターゲット層に合わせた色を選ぶことで、より効果的なチラシデザインを実現しましょう。

おすすめのチラシ制作サービスはこちら

チラシビズ

3. 画像・写真で訴求力を高める

無料で高品質なチラシを作れた!でも、画像や写真がイマイチで訴求力がない…そんな悩みを抱えていませんか?画像や写真は、チラシの訴求力を高める重要な要素です。 適切な画像や写真を選ぶことで、ターゲット層の心に響くチラシを作ることができます。ここでは、以下の内容を詳しく解説します。

  • •訴求ポイントに合った画像を選ぶ: 商品、人物、風景、イラストなど、それぞれの効果を理解する。
  • •画像編集の基本: トリミング、リサイズ、色調補正など、簡単な編集方法をマスター。
  • •写真素材サイト活用: 無料・有料の素材サイトから、高品質な画像を見つけよう。
チラシ デザイン

3-1. 訴求ポイントに合った画像を選ぶ

訴求ポイントに合った画像を選ぶことは、効果的なチラシを作るための第一歩です。 以下を参考に、目的に合った画像を選びましょう。

  • 商品画像
  • ◦商品の特徴や魅力をわかりやすく伝える。
  • ◦複数の角度から撮影したり、使用シーンをイメージさせる写真も効果的。
  • ◦高解像度で、ピントが合っている。
  • ◦商品の全体像と、細部がわかる写真。
  • ◦白背景で撮影すると、商品が際立つ。
  • 人物画像
  • ◦ターゲット層に近い人物を選ぶ。
  • ◦商品・サービスの利用シーンをイメージさせる写真も効果的。
  • ◦笑顔で、明るく健康的な印象を与える人物。
  • ◦商品やサービスとの関連性がある人物。
  • ◦ターゲット層の年齢や性別、職業に合った人物。
  • 風景画像
  • ◦商品・サービスのイメージに合った風景を選ぶ。
  • ◦開放感やリラックス感などを演出できる。
  • ◦商品やサービスの利用シーンをイメージさせる風景。
  • ◦季節感や時間帯を意識する。
  • ◦高解像度で、美しい風景。
  • イラスト
  • ◦親しみやすく、柔らかい印象を与える。
  • ◦写真では表現できないイメージを表現できる。
  • ◦商品やサービスの特徴をわかりやすく伝えるイラスト。
  • ◦ターゲット層に合ったテイストのイラスト。
  • ◦オリジナルのイラストは、より印象に残る。

3-2. 画像編集の基本

画像編集ソフトを使って、画像をより効果的にすることができます。 以下を参考に、簡単な編集方法をマスターしましょう。

  • トリミング
  • ◦不要な部分を切り取り、必要な部分だけを強調する。
  • ◦商品や人物を中央に配置する。
  • ◦余白を調整して、バランスを整える。
  • リサイズ
  • ◦チラシに合ったサイズに調整する。
  • ◦画像の解像度を維持する。
  • ◦チラシ全体のレイアウトを考慮する。
  • 色調補正
  • ◦全体的な明るさや色合いを調整する。
  • ◦商品の色味を忠実に再現する。
  • ◦チラシ全体の雰囲気に合わせる。
  • ◦彩度やコントラストを調整して、メリハリを出す。

3-3. 写真素材サイト活用

写真素材サイトを選ぶ際のポイント

  • •掲載点数:必要な画像を見つけやすいように、豊富な点数から選べるサイトを選ぶ。
  • •ライセンス:商用利用可能な画像かどうかを確認する。無料素材の場合は、利用規約を確認する。
  • •価格:無料・有料のサイトを比較検討する。有料サイトは、高品質な画像が多い。
  • •検索機能:必要な画像を見つけやすいように、絞り込み検索機能が充実しているサイトを選ぶ。

おすすめの写真素材サイト

画像編集ソフト

チラシ作成ツール

参考書籍

チラシビズ

4. フォントで印象を変える

フォントがイマイチで読みづらい…そんな悩みを抱えていませんか?フォントは、チラシの印象を左右する重要な要素です。 読みやすく、訴求ポイントに合ったフォントを選ぶことで、ターゲット層の心に響くチラシを作ることができます。ここでは、以下の内容を詳しく解説します。

  • • 読みやすいフォントを選ぶ: 和文、欧文、書体など、それぞれの効果を理解する。
  • • フォントサイズと行間: 読みやすさ、視認性、バランスを意識する。
  • • 文字装飾の注意点: 過剰な装飾は避け、効果的に使う。
チラシ デザイン

4-1.読みやすいフォントを選ぶ

読みやすいフォントを選ぶことは、視覚的に訴えるチラシを作るために重要です。 以下を参考に、ターゲット層や目的に合ったフォントを選びましょう。

  • 和文フォント
  • ◦明朝体: 読みやすく、落ち着いた印象を与える。
  • ◦ゴシック体: スッキリとした印象を与える。
  • ◦丸ゴシック体: 親しみやすく、柔らかい印象を与える。
  • 欧文フォント
  • ◦serif: 読みやすく、フォーマルな印象を与える。
  • ◦sans-serif: スッキリとした印象を与える。
  • ◦script: 個性的で、華やかな印象を与える。

太字、斜体、装飾フォントなど、多様はせず、適宜使い分けてデザインすることが大切です。

4-2. フォントサイズと行間

フォントサイズと行間は、読みやすさに影響します。 以下を参考に、適切なサイズと行間を設定しましょう。

  • フォントサイズ
  • ◦ターゲット層の年齢や視力に配慮する。
  • ◦見出しと本文で差をつける。
  • ◦大きめのフォントは、視認性を高める。
  • ◦小さめのフォントは、情報量を多くできる。
  • 行間
  • ◦十分な行間を設けることで、読みやすく、視覚的にスッキリとした印象を与える。
  • ◦行間が狭いのは、読みづらく、窮屈な印象を与える。
  • バランス
  • ◦全体的なバランスを考慮して、フォントサイズと行間を設定する。

4-3.文字装飾の注意点

文字装飾は、効果的に使うことで、チラシの訴求力を高めることができます。 以下を参考に、注意点を守りながら使用しましょう。

• 過剰な装飾は避ける: 読みづらく、ゴチャゴチャした印象を与える。

• 重要な部分にのみ使用する: 強調したい部分に効果的に使う。

• フォントとの相性: 使用するフォントと相性の良い装飾を選ぶ。

• ターゲット層に合わせた装飾: ターゲット層に受け入れられる装飾を選ぶ。

5. 低予算で高品質なチラシを印刷する方法

チラシ印刷、費用がかさむ…そんな悩みを抱えていませんか?実は、ちょっとした工夫で、低予算でも高品質なチラシを印刷することができます。ここでは、以下の内容を詳しく解説します。

• オンライン印刷サービスの活用: 印刷会社比較、価格比較、サービス内容比較。

• 印刷コストを抑えるポイント: 用紙サイズ、用紙の種類、色数。

• 入稿データの注意点: ファイル形式、解像度、文字のアウトライン化。

チラシデザイン

5-1.オンライン印刷サービスの活用

オンライン印刷サービスは、店舗型印刷会社よりも低価格で印刷できる場合が多いです。 複数のサービスを比較検討して、自分に合ったサービスを選びましょう。

オンライン印刷サービスを選ぶ際のポイント

• 印刷料金: 必要な印刷枚数、用紙、納期などを考慮して比較する。

• 印刷品質: 高品質な印刷を求める場合は、色再現性や解像度を確認する。

• 加工:折り加工や変形加工、ラミネート加工など加工したい場合は確認する。

• 納期: 最短当日出荷など、希望納期に合ったサービスを選ぶ。

• デザインテンプレート: 豊富なテンプレートから選びたい場合は、テンプレートの種類を確認する。

• オプションサービス: デザインチェック、データ入稿サポートなど、必要なオプションサービスがあるか確認する。

• 対応力: 小ロット印刷、オリジナルグッズ印刷など、対応力も考慮する。

• 利用目的: ポスティング、名刺、パンフレット、折込広告など、利用目的に合ったサービスを選ぶ。

各社のサービス詳細と、おすすめの利用シーンを紹介します。

ラクスル
  • 特徴
  • ◦ 業界最安値レベルの料金
  • ◦ 初心者でもわかりやすいサイトデザイン
  • ◦ オリジナルテンプレートが豊富
  • ◦ デザインチェックサービスなど、サポートが充実
  • 弱み
  • ◦ 一部サービスは他社よりも割高
  • ◦ デザインツールは使いづらいという声も
  • おすすめ利用シーン
  • ◦ 新聞折込広告、ポスター、フライヤーなどの大量印刷
  • ◦ オリジナルグッズ作成
  • ◦ 低予算で高品質な印刷をしたい
  • 特徴
  • ◦ 解像度印刷や特色印刷など、高品質な印刷オプション
  • ◦ 業界最安値レベルの料金
  • ◦ 最短当日出荷など、スピーディーな納期
  • 弱み
  • ◦ 商品内容やオプション加工が少ない
  • ◦ 細かい注文方法が分かりづらいという声も
  • おすすめ利用シーン
  • ◦ スピーディな仕上がりを求める印刷
  • ◦ 大量or小ロットのチラシ印刷
  • 特徴
  • ◦ 色再現性の高い印刷
  • ◦ デザインデータチェックサービスなど、品質にこだわるサービス
  • ◦ 豊富なオプションサービス
  • 弱み
  • ◦ 価格は高め
  • ◦ デザインテンプレートが少ない
  • おすすめ利用シーン
  • ◦ ブランドイメージに関わる印刷物
  • ◦ こだわりのデザインで制作したい印刷物

オンラインでのチラシ印刷するはホームページ上で料金確認やサンプル請求を行うことができます。また、会員登録後にログインすれば、過去の注文履歴を表示したり、デザインデータを保存したり、請求書払いを選択できる等、たくさんのサービス受けられます。上記以外にもオンライン印刷の会社はたくさんあるので検索してみてください。

5-2.印刷コストを抑えるポイント

ちょっとした工夫で、印刷コストを抑えることができます。 以下を参考に、賢く印刷しましょう。

• 用紙サイズ: 用途に合わせたサイズにする。チラシでよく使われるサイズはB5、B4、A5、A4。

• 用紙の種類: 上質紙よりもコート紙の方が安価な場合が多い。

• 色数: フルカラーよりもモノクロや2色刷りの方が安価。

• 両面印刷: 片面印刷よりも両面印刷の方が情報量が多く、お得。

• 部数: まとめ刷りすることで、単価が安くなる場合が多い。

5-3.入稿データの注意点

入稿データに不備があると、印刷が遅延したり、仕上がりが悪くなったりする可能性があります。 以下を参考に、入稿データを作成しましょう。

• サイズ: データのサイズを合わせる(A4:210×297 A5:148×210 B4:257×364・B5:182×257)

• ファイル形式: 各サービスで指定されているファイル形式で入稿する。

• 解像度: 画像は300dpi以上の解像度で保存する。

• 文字のアウトライン化: フォントが埋め込まれていない場合は、文字をアウトライン化する。

• 仕上がりイメージ: 入稿前に仕上がりイメージを確認できるサービスを利用する。

おすすめのチラシ制作サービスはこちら

チラシビズ

6. さらに上達したいあなたへ!おすすめ情報

デザインスキルアップのための教材、最新のチラシデザイン事例、デザインに関するブログや書籍など、おすすめ情報をご紹介します。こちらを参考に、ぜひスキルアップを図り、より訴求力のあるチラシを作成しましょう!

チラシ デザイン

6-1.デザインスキルアップのための教材

デザインスキルを向上させるには、書籍、オンライン講座、セミナーなどたくさんあります。これからチラシの作り方を学びたい方は、自分に合った教材選びの参考にしてください。

  • セミナー
  • ◦ プロのデザイナーから直接指導を受けられる。
  • ◦ 実践的なノウハウを学べる。
  • ◦ 他の受講者と交流できる。
  • ◦ おすすめセミナー
  •  1.Adobe主催セミナー
  •  2.デザインスクール主催セミナー
  •  3.企業主催セミナー

6-2.最新のチラシデザイン事例

最新のデザイン事例を参考にすることで、トレンドを把握し、アイデアを得ることができます。

  • Webサイト
  • ◦ 国内外のデザイン事例を豊富に掲載しているサイト。
  • ◦ カテゴリーやキーワードで検索できる。
  • ◦ 最新のデザイントレンドをチェックできる。
  • ◦ おすすめWebサイト
  •  1. Pinterest
  •  2. Behance
  •  3. Awwwards
  • デザイン誌
  • ◦ 紙媒体でじっくりとデザインを鑑賞できる。
  • ◦ 特集記事やインタビューなども掲載されている。
  • ◦ 保存しておいて、いつでも参考にすることができる。
  • ◦ おすすめデザイン誌
  •  1. GRAPHIC
  •  2. IDEA
  •  3. MdN
  • コンテスト
  • ◦ 受賞作品から、優れたデザインを学ぶことができる。
  • ◦ 審査員による講評なども参考になる。
  • ◦ 最新のデザイン傾向を知る
  • ◦ おすすめコンテスト
  •  1. ADC賞
  •  2. TDC賞
  •  3. JAGDA新人賞

7. クラウドソーシングを活用して安くプロに依頼する方法

クラウドソーシングを活用すれば、低予算でプロのデザイナーにチラシ制作を依頼することができます。ここでは、クラウドソーシングサイトの選び方、依頼する際のポイント、依頼後の流れなどを詳しく解説します。

7-1.クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトには、さまざまな案件が掲載されています。ここでは、代表的な3つのサイトを紹介します。

    ランサーズ
  • Lancers
  • ◦ 日本最大級のクラウドソーシングサイト。
  • ◦ 幅広い案件が掲載されている。
  • ◦ 実績豊富な個人のデザイナーが多い。
  • クラウドワークス
  • CrowdWorks
  • ◦ 低価格な案件が多い。
  • ◦ 始めやすい。
  • ◦ キャンペーンやイベントが頻繁に開催されている。
  • ココナラ
  • Coconala
  • ◦ 1時間単位で個人のデザイナーに依頼できる。
  • ◦ 小さな案件に適している。
  • ◦ 気軽に相談できる。

7-2.依頼する際のポイント

依頼する際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 予算
  • ◦ 予算を決めておくことで、依頼者とデザイナーの認識を一致させることができる。
  • ◦ 案件内容やデザイナーのスキルによって、費用は大きく異なる。
  • ◦ 複数の見積もりを取ることをおすすめする。
  • デザイナーの選定
  • ◦ 希望条件に立候補してくれたデザイナーが一覧で表示される。
  • ◦ 実績や評価、ポートフォリオなどを参考に選ぶ。
  • ◦ 過去の依頼者からのコメントも参考になる。
  • 依頼内容の明確化
  • ◦ 具体的なイメージや要望を伝える。
  • ◦ 目標とするターゲット層や訴求ポイントなどを明確にする。
  • ◦ 納期や修正回数なども事前に決めておく。

7-3.発注後の流れ

発注の流れは以下の通りです。

  • 1.原稿
  • ◦ チラシの目的、掲載情報、会社情報等を原稿にまとめて登録する。
  • ◦ 参考イメージ、画像やロゴなどの素材を送る。
  • 2.提案
  • ◦ デザイナーから複数のデザイン案が提案される。
  • ◦ 依頼者は、提案されたデザイン案の一覧から気に入ったものを選ぶ。
  • 3.修正
  • ◦ 選んだデザイン案を元に、修正を依頼する。
  • ◦ 細かい修正にも丁寧に対応してくれるデザイナーを選ぶ。
  • 4.納品
  • ◦ 修正が完了したら、最終的な完成デザインデータが納品される。
  • ◦ 納品データの形式や著作権の取り扱いなども事前に確認しておく。

8. チラシ作成のまとめ

無料で高品質なチラシを作れるツールやサービス、スキルアップのための教材、プロのデザイナーへの依頼方法など、チラシ作成に関する情報を網羅的に紹介しました。このページを参考に、ぜひ効果的なチラシを作成し、営業活動を成功させましょう!

ステップ1:無料で高品質なチラシを作る

  • オンライン印刷サービスの活用
  • ◦ 複数社のサービスを比較し、最適なサービスを選ぶ。
  • ◦ 用紙サイズ、用紙の種類、色数などを工夫して、印刷コストを抑える。
  • デザインツール
  • ◦ Canvaなどの無料ツールを使って、簡単にデザインを作成できる。
  • ◦ テンプレートを活用すれば、さらに手軽に作成できる。

ステップ2:さらに上達したいあなたへ!おすすめ情報

  • デザインスキルアップのための教材
  • ◦ 書籍、オンライン講座、セミナーなど、自分に合った教材を選ぶ。
  • ◦ デザインの基礎知識から実践的なテクニックまで、幅広く学べる。
  • 最新のデザイン事例
  • ◦ Webサイト、デザイン誌、コンテストなどから、最新のデザイントレンドを把握する。
  • ◦ 訴求力のあるデザインを研究する。
  • デザインに関するブログや書籍
  • ◦ プロのデザイナーやクリエイターのブログや書籍から、デザインの考え方やノウハウを学ぶ。
  • ◦ 自分のデザイン観を深める。

ステップ3:クラウドソーシングを活用して安くプロに依頼する方法

  • クラウドソーシングサイト
  • ◦ Lancers、CrowdWorks、Coconalaなどのサイトから、実績豊富なデザイナーを選ぶ。
  • ◦ 案件内容や予算に合わせて、最適なデザイナーを見つける。
  • 依頼する際のポイント
  • ◦ 具体的なイメージや要望を明確に伝える。
  • ◦ 予算、納期、修正回数などを事前に決めておく。
  • 依頼後の流れ
  • ◦ デザイナーから提案を受け、修正を依頼する。
  • ◦ 最終的なデザインデータを受け取る。
チラシのことはコチラまで

法人営業専門のチラシ制作サービス「チラシビズ」

法人営業専門のチラシ制作サービス「チラシビズ」では、チラシのデザイン・印刷・リストアップ・梱包・発送代行までワンストップで対応いたします。
お客様の大切なメッセージを込めてチラシを作成し、未来の顧客へ直接届けて営業効果の向上につなげます。

お問い合わせはこちら

チラシ新着記事

           
  • 本社所在地 :〒479-0055 愛知県常滑市広内15-5
  • 制作オフィス:〒479-0863 愛知県常滑市西之口7丁目126
  • 営 業 時 間  :9:00〜18:00
  • 電 話 番 号  :0569-76-0654
チラシビス

会社概要 実績 セールス支援 マーケティング支援 ブランディング支援 記事一覧

X