チラシの別の言い方で、相手に伝わる販促をしよう - 株式会社デザインのちから
お問い合わせ

ビジネスのちからに。広告・デザインの考え方。

チラシの別の言い方で、相手に伝わる販促をしよう

チラシの別の言い方で、相手に伝わる販促をしよう

チラシの別の言い方には、フライヤー、ビラ、リーフレットなどがありますが、一般的には同じくくりとされています。 とは言え、言葉が違えば用途や活用方法も異なるものです。 ビラは「紙片(しへん)」の片(ひら)、「びらびら」が語源とされています。 一般的な定義では、配布する印刷物をチラシ、貼ってある印刷物をビラをしているようです。これらの言葉は、それぞれに意味や用途が異なるため、使い分けが重要です。本記事では、チラシの別の言い方の意味や用途、使い分けについて解説します。チラシを効果的に活用するために、ぜひ参考にしてください。

チラシ

1チラシの定義と別の言い方

チラシとは、商品やサービスの宣伝、イベントやキャンペーンの告知、企業や団体のPRなど、さまざまな目的で活用される広告媒体です。チラシの別の言い方には、フライヤー、ビラ、リーフレットなどがあります。これらの言葉は、それぞれに意味や用途が異なるため、使い分けが重要です。

1-1. チラシの定義

チラシは、一枚の紙に、商品やサービスの宣伝、イベントやキャンペーンの告知、企業や団体のPRなどの情報を記載した印刷物です。チラシは、主に街頭で配布したり、新聞に折り込んで配布したり、店舗や施設に置かれたりすることで、多くの人に情報を届けることができます。

1-2. チラシの別の言い方

チラシを言い換えると、以下のような言葉があります。

  • フライヤー
  • ビラ
  • リーフレット
  • フライヤーは、チラシと同義で使われることが多く、特にイベントやキャンペーンなどの告知に用いられることが多い言葉です。ビラは、チラシよりも小さく、厚手の紙で作られたものを指すことが多い言葉です。また、街頭で配布されることが多いという特徴があります。 リーフレットは、チラシよりも厚手の紙で作られ、複数のページからなるものを指すことが多い言葉です。また、商品やサービスの詳細な情報を提供することを目的として作られることが多いです。

    1-3. チラシの使い分け

    チラシの別の言い方には、それぞれに意味や用途が異なるため、使い分けが重要です。例えば、イベントやキャンペーンなどの告知を目的とする場合は、フライヤーやビラが適しています。また、商品やサービスの詳細な情報を提供することを目的とする場合は、リーフレットが適しています。チラシを効果的に活用するためには、目的やターゲットに合わせて、適切な言い方を選ぶことが大切です。

    フライヤー

    2.チラシの別の言い方の意味と用途

    「ちらし寿司」と同じように、「散らす」が語源だと言われるペラものの印刷物のチラシの歴史は古く、古代のエジプト遺跡から商売への宣伝効果を狙ったパピルスが発掘されています。日本では織田信長の時代、安土城下の楽市においてチラシにあたるものが撒かれていたと伝えられています。江戸時代には「引札」とも呼ばれ、チラシの文化も広く根づいていきました。明治時代になると、引札は広告という広い意味でも使われるようになりました。今でいう折り込みチラシは、1872年に東京日日新聞で「新聞附録」として配布された引札からスタートしたと思われます。

    2-1フライヤーの意味と用途

    フライヤーは、チラシと同義で使われることが多く、特にイベントやキャンペーンなどの告知に用いられることが多い言葉です。 フライヤーの意味は、「空から撒く」という意味の英語「flyer」に由来しています。これは、空から撒かれて人々の目に留まるというイメージから、イベントやキャンペーンなどの告知に用いられるようになったと考えられています。フライヤーの用途は、主に以下のようなものが挙げられます。

  • イベントやキャンペーンの告知
  • 新商品や新サービスの紹介
  • セールや割引などのお知らせ
  • 店舗や施設の案内
  • フライヤーは、比較的短い時間で多くの人に情報を届けることができるため、イベントやキャンペーンなどの告知に効果的です。また、画像やイラストを多用することで、目を引くデザインにすることもできます。

    2-2. ビラの意味と用途

    ビラは、チラシよりも小さく、厚手の紙で作られたものを指すことが多い言葉です。また、街頭で配布されることが多いという特徴があります。ビラの意味は、紙片という意味の漢字「紙」と、びらびらと舞うという意味の漢字「びら」を組み合わせたものです。これは、街頭で配布されるビラが、風に舞って人々の目に留まるというイメージから名付けられたと考えられています。

    ビラの用途は、主に以下のようなものが挙げられます。

  • イベントやキャンペーンの告知
  • 新商品や新サービスの紹介
  • セールや割引などのお知らせ
  • アルバイトや求人の募集
  • ビラは、フライヤーよりも厚手の紙で作られているため、耐久性があり、繰り返し見られる可能性があります。また、街頭で配布されることが多いため、ターゲットを絞った効果的な告知に活用できます。

    2-3. リーフレットの意味と用途

    リーフレットは、チラシよりも厚手の紙で作られ、複数のページからなるものを指すことが多い言葉です。また、商品やサービスの詳細な情報を提供することを目的として作られることが多いです。リーフレットの意味は、折りたためるという意味の英語「leaflet」に由来しています。これは、リーフレットが複数のページからなることや、折りたたんで持ち運びしやすいことから名付けられたと考えられています。リーフレットの用途は、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 商品やサービスの詳細な説明
  • 企業や団体の理念や事業内容の紹介
  • パンフレットやカタログ
  • リーフレットは、商品やサービスの詳細な情報を提供するために最適な媒体です。また、折りたたんで持ち運びしやすいため、イベントや店舗で配布する際にも活用できます。

    フライヤーは、イベントやキャンペーンなどの告知に適しています。ビラは、街頭で配布されるため、ターゲットを絞った効果的な告知に活用できます。リーフレットは、商品やサービスの詳細な情報を提供するために最適です。 目的やターゲットに合わせて、適切な言い方を選ぶことで、チラシを効果的に活用することができます。

    ビラ

    3. チラシの別の言い方の使い分け

    チラシの別の言葉に言い換えると、フライヤー、ビラ、リーフレットなどがあります。これらの言葉は、それぞれに意味や用途が異なるため、使い分けが重要です。

    3-1. 目的による使い分け

    チラシの使い分けは、まず目的によって分けられます。 イベントやキャンペーンなどの告知を目的とする場合は、フライヤーやビラが適しています。 商品やサービスの詳細な情報を提供することを目的とする場合は、リーフレットが適しています。

    3-2. ターゲットによる使い分け

    チラシの使い分けは、ターゲットによっても分けられます。

    若者や女性をターゲットとする場合は、フライヤーやビラが効果的です。 ビジネスマンや高齢者をターゲットとする場合は、リーフレットが効果的です。

    3-3. 媒体による使い分け

    チラシの使い分けは、媒体によっても分けられます。

  • 新聞に折り込んで配布する場合は、フライヤーやビラが適しています。
  • イベントで配布する場合は、フライヤーやビラが効果的です。
  • 店舗や施設で配布する場合は、リーフレットが効果的です。
  • チラシの別の言い方の使い分けは、目的、ターゲット、媒体の3つの観点から考えることが重要です。 目的やターゲット、媒体に合わせて、適切な言い方を選ぶことで、チラシを効果的に活用することができます。

    具体例

    例えば、新商品の発売を告知する場合、フライヤーやビラを使って、多くの人に短時間で情報を届けることができます。 一方、商品の詳細な説明や、使用方法などを説明する場合は、リーフレットを使って、じっくりと情報を読んでもらうことができます。また、イベントの告知をする場合、フライヤーやビラを使って、イベントの場所や日時、内容などを簡潔に伝えることができます。リーフレットを使って、イベントの詳細な内容や、参加者のメリットなどを説明することもできます。 このように、目的やターゲット、媒体に合わせて、適切な言い方を選ぶことで、チラシをより効果的に活用することができます。

    フライヤー

    4. チラシの別の言い方で効果的な販促

    チラシを効果的に活用するためには、目的やターゲットに合わせて、適切な言い方を選ぶことが大切です。また、チラシの内容やデザインにも工夫が必要です。

    4-1. 目的とターゲットに合わせた使い分け

    チラシの使い分けは、まず目的によって分けられます。

  • イベントやキャンペーンなどの告知を目的とする場合は、フライヤーやビラが適しています。
  • 商品やサービスの詳細な情報を提供することを目的とする場合は、リーフレットが適しています。
  • また、ターゲットによっても使い分けることができます。

  • 若者や女性をターゲットとする場合は、フライヤーやビラが効果的です。
  • ビジネスマンや高齢者をターゲットとする場合は、リーフレットが効果的です。
  • 4-2. 効果的な内容の作成

    チラシの内容は、以下の3つの要素を意識して作成しましょう。

  • ターゲットを明確にする
  • 伝えたい情報を絞り込む
  • 簡潔でわかりやすい文章にする
  • ターゲットを明確にすることで、そのターゲットに響く内容を作成することができます。また、伝えたい情報を絞り込むことで、チラシのボリュームを抑え、読みやすくなります。そして、簡潔でわかりやすい文章にすることで、ターゲットが情報をスムーズに理解することができます。

    4-3. 効果的なデザイン

    チラシのデザインは、以下の3つのポイントを意識しましょう。

  • 目を引くデザインにする
  • 伝えたい情報をわかりやすく伝える
  • ターゲット層に好まれるデザインにする
  • 目を引くデザインにすることで、多くの人の目に留まることができます。また、伝えたい情報をわかりやすく伝えることで、ターゲットに情報を伝えることができます。そして、ターゲット層に好まれるデザインにすることで、ターゲットに訴求することができます。

    5. まとめ

    チラシの別の言い方を効果的に活用するためには、以下の3つのポイントを押さえましょう。

  • 目的とターゲットに合わせた使い分け
  • 効果的な内容の作成
  • 効果的なデザイン
  • これらのポイントを押さえて、チラシを効果的に活用しましょう。

    具体例

    例えば、新商品の発売を告知する場合、フライヤーやビラを使って、多くの人に短時間で情報を届けることができます。その際、ターゲットを明確にして、そのターゲットに響くようなデザインや文章を作成しましょう。例えば、若者をターゲットとする場合は、ポップで明るいデザインや、簡潔でわかりやすい文章が効果的です。また、商品の詳細な説明や、使用方法などを説明する場合は、リーフレットを使って、じっくりと情報を読んでもらうことができます。その際、ターゲット層に好まれるようなデザインや、わかりやすい図やイラストを活用しましょう。例えば、ビジネスマンをターゲットとする場合は、シンプルで洗練されたデザインや、わかりやすい図やイラストが効果的です。 このように、目的やターゲットに合わせて、チラシの使い方や内容、デザインを工夫することで、より効果的な販促につなげることができます。

    チラシのことはコチラまで

    法人営業専門のチラシ制作サービス「チラシビズ」

    法人営業専門のチラシ制作サービス「チラシビズ」では、チラシのデザイン・印刷・リストアップ・梱包・発送代行までワンストップで対応いたします。
    お客様の大切なメッセージを込めてチラシを作成し、未来の顧客へ直接届けて営業効果の向上につなげます。

    お問い合わせはこちら

    チラシ新着記事

               
    • 本社所在地 :〒479-0055 愛知県常滑市広内15-5
    • 制作オフィス:〒479-0863 愛知県常滑市西之口7丁目126
    • 営 業 時 間  :9:00〜18:00
    • 電 話 番 号  :0569-76-0654
    チラシビス

    会社概要 実績 セールス支援 マーケティング支援 ブランディング支援 記事一覧

    X