効果的な営業チラシ作り方:デザインのコツと飛込営業での活用方法 - 株式会社デザインのちから
お問い合わせ

ビジネスのちからに。広告・デザインの考え方。

効果的な営業チラシ作り方:デザインのコツと飛込営業での活用方法

はじめに

営業 チラシ は、多くの企業が活用している販促ツールの一つで、営業手法として効果的に利用できます。来店を促すだけでなく、会社や商品の認知度を向上させる目的でも使用されています。この記事では、営業 チラシ の効果的な作成方法、利用時のポイント、効果が上がらない場合の対策、そして飛び込み営業での活用方法について詳しくご紹介いたします。どのような チラシ デザインが効果的で、どのようにして効果を最大化できるのか、一緒に見ていきましょう。

営業チラシの作成方法とポイント

デザイン

まずは、営業チラシの作成方法と、効果的なチラシを作るためのポイントについて解説していきます。

営業チラシの作成方法

営業チラシを作成する方法は、大きく分けて2つあります。自社内で作成する方法と、専門の業者に外注する方法です。自社内で作成する場合は、デザインソフトを利用して独自のチラシを作ることができます。一方、業者に外注する場合は、デザインや印刷をプロに任せることで、より効果的なチラシが作成できます。どちらの方法を選ぶかは、自社のリソースや目的、予算に応じて決めましょう。

また、チラシ作成にあたっては、ターゲットに合わせたデザインを作成することが重要です。例えば、若い世代に向けたチラシであれば、ポップなデザインや明るい色を使うことで、視認性が上がります。一方、シニア層に向けたチラシであれば、分かりやすい文字の大きさや、落ち着いたデザインが効果的です。

作成のポイント: 5W1Hを明示すること

効果的な営業チラシを作成するためのポイントについて解説します。まずは、5W1Hを明示することです。「誰が」「何を」「どこで」「いつ」「なぜ」「どのように」の6つの要素を、チラシに分かりやすく記載することで、お客様が商品やサービスについて容易に理解できるようになります。特に、「なぜ」この商品やサービスが必要なのかを明確に伝えることで、購買意欲を引き出すことができます。

次に、自己紹介を入れることです。営業チラシに自社や担当者の情報を記載することで、お客様との信頼関係を築くことができます。加えて、相手に伝わりやすいように画像や表を入れることも効果的です。商品の特徴やサービス内容をビジュアルで伝えることで、より印象に残るチラシになります。

チラシを効果的に利用する方法

チラシ

営業チラシを作成したら、次はどのように利用するかが重要です。ここでは、チラシを効果的に利用する方法について解説します。

ポスティング

チラシをポスティングする際のポイントは、数回投函することと封筒に入れることです。数回投函することで、お客様に繰り返しチラシの内容を見てもらうことができ、認知度が上がります。また、封筒に入れることで、お客様がチラシを開封する手間を取らせることで、興味を持ってもらいやすくなります。

ただし、効果が出ない場合は、営業代行への依頼がおすすめです。営業代行会社は、営業活動を専門的に行ってくれるため、より効果的にチラシを活用することができます。

飛び込み営業

営業チラシは、飛び込み営業にも活用できます。飛び込み営業では、名刺とチラシを渡すことが有効であり、一見、無計画な営業スタイルに見えますが、最もダイレクトに見込客と接することができる営業方法です。飛び込み営業で直接、チラシを渡すことができるので、うまくいけばその場で提案できる可能性すらあります。

飛び込み営業のコツは、「チラシを常に持ち歩く」ことです。チラシデザインは会社名や売り込む商品が一目で分かるようなデザインにすることが大切です。チラシを受け取ってくれたなら、自分もチラシを見ながら商品説明をしていきます。法人に飛び込み営業するときは、まず受付をクリアしないと商談に進むことができません。受付は来客対応で忙しくしているケースが多く、いきなり訪問しても相手にしてもらえません。なので、そんな時には名刺とチラシを手渡しておきましょう。チラシのおかげで、忙しい会社側に無駄な時間を使わせずに済みますし、要点が簡潔に伝わるので、時間効率も良くなります。

チラシ活用注意点

チラシを用いて営業活動を行っていく上での注意点は、「相手に不快感を与えないように」することです。相手が興味を持たない場合に押しつけがましいアプローチをすると、逆に反発されてしまうことがあります。そのため、タイミングや方法に注意しながら、興味を持ってくれた相手にチラシを渡すことが大切です。

また、新規開拓のためにはチラシの種類を多く用意し、その内容を変更することも重要です。複数のチラシがあることで、ターゲットに応じて最適なチラシを使用することができ、より効果的な営業活動が展開できるでしょう。

営業代行の活用

business

効果が上がらない場合、営業代行への依頼がおすすめです。代行会社が提供するサービスには、営業活動を専門的に行ってくれるため、より効果的にチラシを活用できます。

営業代行会社の選び方

営業代行会社を選ぶ際は、その会社がどのようなサービスを提供しているか、また、過去の実績や評判をよく確認しましょう。また、営業代行会社とのコミュニケーションが円滑にできるかも、重要なポイントです。適切なサポートが受けられるように、良好な関係を築くことが大切です。

そして、営業代行会社を利用するメリットとして、自社の営業リソースや時間を節約できることが挙げられます。専門的な知識や技術を持つ営業代行会社に任せることで、自社の力を他のセクションに集中させることができます。また、代行会社は営業活動全般を請け負ってくれるため、社員の負担を軽減することが可能です。

まとめ

この記事では、営業チラシの効果的な作成方法や利用方法についてご紹介しました。チラシは営業手法の一つとして多くの企業が利用しており、効果的に利用することで、営業成果を向上させることができます。また、飛び込み営業でもチラシを活用することで、より効果的な営業活動が展開できます。最後に、効果が上がらない場合は、営業代行への依頼がおすすめです。代行会社に依頼することで、より効果的な営業活動が可能になります。チラシを活用した効果的な営業活動で、業績向上を目指しましょう。

よくある質問

質問1: 営業チラシを作成する方法はありますか?

回答: 営業チラシを作成する方法は、自社内で作成する方法と専門の業者に外注する方法があります。

質問2: チラシ作成にあたってのポイントはありますか?

回答: チラシ作成にあたっては、ターゲットに合わせたデザインを作成することが重要です。また、「5W1H」を明示することで、お客様が商品やサービスについて容易に理解できるようになります。

質問3: チラシを効果的に利用する方法はありますか?

回答: ポスティングする際には、数回投函することと封筒に入れることがポイントです。また、営業代行を利用することで、より効果的にチラシを活用することができます。

質問4: 飛び込み営業でのチラシ活用方法について教えてください。

回答: 飛び込み営業では、名刺とチラシを渡すことが有効です。チラシデザインは会社名や売り込む商品が一目で分かるようなデザインにすることが大切です。

質問5: チラシ活用時の注意点はありますか?

回答: 相手に不快感を与えないように注意し、興味を持ってくれた相手にチラシを渡すことが大切です。また、新規開拓のためには複数のチラシを用意し、ターゲットに合わせて最適なチラシを使用することも重要です。

質問6: 営業代行会社の選び方はありますか?

回答: 営業代行会社を選ぶ際には、提供するサービスや実績・評判を確認することが重要です。また、営業代行会社とのコミュニケーションが円滑にできるかもポイントです。

チラシのことはコチラまで

法人営業専門のチラシ制作サービス「チラシビズ」

法人営業専門のチラシ制作サービス「チラシビズ」では、チラシのデザイン・印刷・リストアップ・梱包・発送代行までワンストップで対応いたします。 お客様の大切なメッセージを込めてチラシを作成し、未来の顧客へ直接届けて営業効果の向上につなげます。

チラシ新着記事

           
  • 本社所在地 :〒479-0055 愛知県常滑市広内15-5
  • 制作オフィス:〒479-0863 愛知県常滑市西之口7丁目126
  • 営 業 時 間  :9:00〜18:00
  • 電 話 番 号  :0569-76-0654
チラシビス

会社概要 実績 セールス支援 マーケティング支援 ブランディング支援 記事一覧

X