無料のチラシテンプレートでデザインするコツ - 株式会社デザインのちから
お問い合わせ

ビジネスのちからに。広告・デザインの考え方。

無料のチラシテンプレートでデザインするコツ

無料の チラシ テンプレートでデザインするコツ

チラシテンプレート

ワード、パワーポイント、エクセルなどのソフトを使って、無料でかわいい チラシ を作りたいあなたへ。デザインセンスに自信がない方でも大丈夫!豊富な無料テンプレートを活用すれば、簡単に目を引く チラシ を制作できます。この記事では、無料テンプレートでデザインするコツを徹底解説。テンプレートの選び方から、デザインのポイント、印刷方法まで、初心者でも分かりやすくご紹介します。あなたもオリジナルのチラシを作って、情報を効果的に伝えましょう!

チラシビズ

1.チラシの種類を把握する

 

チラシテンプレートを選ぶ際は、チラシの使い方を押さえましょう。まず、チラシの目的(イベント告知、商品PR、募集案内など)を確認し、テンプレートを選びます。ターゲット層を意識することで、訴求力のあるデザインを選ぶことができます。

チラシ

1-1. ポスティングチラシ

チラシポスティングとは、新聞折込とは異なり、各戸のポストに直接チラシを投函する宣伝方法です。地域や年齢層を絞り込んだターゲティングがしやすく、費用も比較的安いのが特徴です。一方、配布エリアの選定や苦情対策が重要です。効果を高めるには、ターゲット層に合わせたチラシデザインや効果測定も欠かせません。

  • 特徴
  • ターゲット層の居住エリアに直接配布できる。
  • 比較的費用が安い。
  • 反響率が低い場合がある。
  • 配布エリアの選定が重要。
  • 苦情に繋がる可能性がある。

1-2. 店頭配布チラシ

チラシを店頭配布するとは、店舗や施設の店頭で通行人に直接チラシを配布する方法です。購買意欲の高い層に直接アプローチできる一方、人件費や配布場所の確保が必要となります。効果を高めるには、ターゲット層に合わせたチラシデザインやスタッフの教育が重要です。

  • 特徴
  • ターゲット層に直接アプローチできる。
  • 購買意欲の高い層に配布できる。
  • 人件費がかかる。
  • 配布場所の確保が必要。
  • スタッフの教育が必要。

1-3. 新聞折込チラシ

 

新聞折込チラシとは、新聞に折り込んで配布するチラシです。広範囲に配布でき、信頼性が高いのが特徴です。一方、費用が高く、ターゲティングが難しいというデメリットもあります。効果を高めるには、折り込み時期や地域を検討し、ターゲット層に合わせたチラシデザインにすることが重要です。

  • 特徴
  • 広範囲に配布できる。
  • 信頼性が高い。
  • 費用が高い。
  • ターゲティングが難しい。
  • 折り込み時期や地域を検討する必要がある。

上記以外にも、イベント配布やWeb広告など、様々な配布方法があります。それぞれの方法にはメリットとデメリットがあるため、目的に合わせて最適な方法を選ぶことが重要です。

チラシビズ

2. チラシで集客力を高めるデザインのコツ

ワード、パワーポイント、エクセルなどのソフトを使って、無料で作成できる縦型チラシは、限られたスペースの中で、いかに情報を分かりやすく伝え、目を引くデザインにするかが重要です。ここでは、縦型チラシで集客力を高めるデザインのコツを徹底解説します。ターゲット層に合わせたデザイン、訴求力の高いキャッチコピー、効果的なレイアウトなど、初心者でも分かりやすくご紹介します。

チラシ

2-1. ターゲット層を明確にする

チラシのデザインには、集客力を高めるためのいくつかのコツがあります。まず、ターゲット層を明確にすることが重要です。ターゲット層を明確にすることで、チラシに掲載する情報やデザインの方向性を決めることができます。次に、5W1Hを明確にすることが大切です。5W1Hとは、「Why (なぜ)」「Who (誰に)」「What (何を)」「When (いつ)」「Where (どこで)」「How (どうやって)」のことで、これらを明確にすることで、チラシに掲載したい情報やその優先度、デザインの方向性を決めることができます。また、写真やイラストを掲載して、用途や使用状況をイメージしてもらうことも大切です。最後に、最高特徴を最大ボリュームで表現することで、読み手の注意を引くことができます。

2-2. 目立つキャッチコピーを入れる

目立つキャッチコピーは、チラシの第一印象を左右します。キャッチコピーが目立つようにするには以下のような方法があります。

  • ・簡潔で分かりやすくする
  • ・数字を入れる
  • ・文字サイズを大きくする
  • ・太字や色付き文字を使う
  • ・キャッチコピーの周りに余白を設ける
  • ・イラストや写真を入れる
  • ・韻を踏む
  • ・ダジャレを使う
  • ・話題のワードを使う
  • ・ユーモアを取り入れる

これらのヒントを参考に、目立つキャッチコピーを作って、広告効果を高めましょう。

2-3. 商品やサービスの魅力をわかりやすく伝える

商品やサービスの魅力をわかりやすく伝えることで、興味を持ってもらうことができます。以下のコツを参考に、ターゲット層に響く魅力的なデザインで、商品やサービスの魅力を効果的に伝えましょう。

  • 具体的な説明
  • 商品やサービスの機能や特徴だけでなく、利用することで得られるメリットを具体的に説明しましょう。

  • ビジュアルを活用
  • 写真やイラスト、図表などを効果的に活用し、視覚的に訴求しましょう。

  • ストーリー性のある表現
  • 商品やサービスの開発背景や利用者の声などを紹介することで、ストーリー性のある表現にしましょう。

  • 信頼感を与える
  • 会社情報や実績などを掲載することで、信頼感を与えるようにしましょう。

  • 読みやすさ
  • フォントサイズや行間、文字色などを調整し、読みやすいレイアウトにしましょう。

2-4. 行動を促すCTAを入れる

行動を促すCTA(Call to Action)を入れることによって、チラシを見てすぐに行動を起こしてもらえます。チラシで集客力を高めるためには、ターゲット層に行動を促すCTA(Call to Action)を入れることが重要です。

  • 具体的な行動を指示する
  • 「今すぐお申し込み!」「詳しくは店頭で!」など、具体的な行動を指示する文言を入れましょう。

  • 目立つようにデザインする
  • CTAは、目立つようにデザインする必要があります。ボタンや吹き出しなどを活用すると効果的です。

  • 緊急性を伝える
  • 「期間限定」「数量限定」などの文言を入れることで、緊急性を伝え、行動を促すことができます。

  • 特典やクーポンを提供する
  • 特典やクーポンを提供することで、行動を促すことができます。

  • QRコードを活用する
  • QRコードを活用し、ウェブサイトやランディングページなどに誘導することで、より詳細な情報を提供することができます。これらのコツを参考に、ターゲット層に行動を促す効果的なCTAを入れましょう。さらに、以下の点にも注意すると効果的です。

  • ・CTAは複数入れる
  • ・CTAの文言はターゲット層に合わせて調整する
  • ・CTAボタンはクリックしやすいサイズにする
  • ・CTAの周りの余白を広くする
チラシビズ

3. テンプレートで簡単!登録不要で高品質なチラシ印刷で集客力を高める

用紙や印刷方法は、チラシの目的やターゲット層に合わせて選ぶ必要があります。 ターゲット層や配布方法によって、適切な用紙や印刷方法は異なるので、以下のポイントを参考にしてください 無料テンプレートを使って作成したチラシ。せっかくデザインにこだわっても、印刷がうまくできないと台無しです。

チラシテンプレート

3-1. 高品質な印刷で集客力を高める方法

  • ①目的に合った用紙を選ぶ
  • チラシの内容や目的に合わせて、用紙の種類や厚さを選びます。

  • ②デザインに合った印刷方法を選ぶ
  • カラー印刷、モノクロ印刷、両面印刷など、デザインに合った印刷方法を選びます。

  • ③オンライン印刷サービスを利用する
  • プリントパックなどのオンライン印刷サービスは、テンプレートが豊富で、登録不要で簡単に注文できます。

  • ④入稿前に仕上がりを確認する
  • 印刷前に、必ず仕上がりイメージを確認しましょう。

    これらのポイントを押さえることで、高品質なチラシを印刷し、集客力を高めることができます。

3-2. 折り方や加工で目を引くデザインにする

折り方や加工を工夫することで、チラシをより目立たせることができます。チラシの折り方は、内容や用途に合わせて選ぶことが重要です。

  • 内容量
  • 内容が多い場合は、三つ折りや四つ折りなど、折りたたんでページ数を増やす

  • 配布方法
  • ポスティングの場合は、二つ折りなどコンパクトなサイズにする

  • デザイン
  • デザインによっては、折り目が邪魔になる場合もある。代表的な折り加工を3つご紹介します。

  • 1. 二つ折り
  • 最もシンプルな折り方で、A4サイズのチラシを二つに折ります。

    用途

  • 内容が少なめのチラシ
  • ポスティングや店頭配布
  • クーポンや案内状
  • 2. 巻き三つ折り
  • 三面ある一面を中に折り込みます。

    用途

  • 内容が多いチラシ
  • 封筒に入れて郵送するチラシ
  • イベント案内
  • 3. 巻き四つ折り
  • 長辺を二つ折りにし、同じ方向に平行折りします。

    用途

  • 持ち運びに便利なチラシ
  • 地図や説明書
  • ポケットサイズのチラシ
  • その他
  • 上記以外にも、観音折りやZ折りなど、様々な折り方があります。

3-3. 配布前に印刷サンプルを確認する

配布前に印刷サンプルを確認することで、印刷ミスやイメージとの違いを防ぐことができます。 チラシの印刷前に印刷サンプルを確認することは、仕上がりのイメージを掴むため and ミスを防ぐために重要です。

  • 色味やレイアウトの確認
  • モニターで見る色と、実際に印刷された色では多少の違いがあります。印刷サンプルを確認することで、色味やレイアウトのズレがないかを確認できます。

  • 用紙の質感
  • 用紙の種類によって、質感や厚みが異なります。印刷サンプルを確認することで、想定していた質感と一致しているかを確認できます。

  • 誤字脱字の確認
  • データ作成時に見落としていた誤字脱字を発見することができます。

  • 修正の依頼
  • 色味やレイアウト、用紙などに問題があれば、印刷会社に修正を依頼することができます。

  • 印刷枚数の確認
  • 印刷サンプルを確認することで、印刷枚数が間違っていないかを確認できます。

  • 配布スケジュール
  • 印刷サンプル確認に時間を要する場合、配布スケジュールに影響が出る可能性があります。

  • 印刷会社との連携
  • 印刷会社によっては、印刷サンプル作成前にデザインデータのチェックを行う場合があります。

  • コスト
  • 印刷サンプル作成には、別途費用が発生する場合があります。

  • デジタルサンプル
  • 紙のサンプルだけでなく、デジタルサンプルを確認できる場合もあります。

  • 印刷サンプルの保管
  • 印刷サンプル作成には、別途費用が発生する場合があります。

    印刷サンプルは、配布後の色あせや汚れと比較するために保管しておくと役立ちます。

    これらの点を事前に確認することで、トラブルを防ぎ、満足度の高いチラシ印刷を実現することができます。

    チラシビズ

    4. チラシの配布方法で集客力を高める

    無料テンプレートを使って作成したチラシ。配布方法を工夫することで、さらに集客力を高めることができます。この記事では、効果的なチラシ配布方法をご紹介します。

    チラシ

    4-1. ターゲット層に適した配布方法を選ぶ

    ターゲット層に適した配布方法を選ぶことで、より効果的にチラシを届けることができます。チラシの配布方法で集客力を高めるためには、ターゲット層に適した方法を選ぶことが重要です。

    具体的な配布方法

  • ポスティング
  • ターゲット層の居住エリアに配布
    内容やデザインに工夫

  • 店頭配布
  • 店舗の立地やターゲット層に合わせ配布
    スタッフによる声掛け

  • 新聞折込
  • 購読者層に合わせた内容
    折り込み時期や地域を検討

  • イベント配布
  • ターゲット層が集まるイベントに配布
    イベント内容に合わせた内容

  • ターゲット層の属性や行動を把握する
  • 年齢層、性別、職業、居住地、興味関心など、ターゲット層の属性や行動を把握しましょう。

  • 配布方法のメリット・デメリットを理解する
  • ポスティング、店頭配布、新聞折込、イベント配布など、それぞれの配布方法にはメリットとデメリットがあります。

  • 費用対効果を考慮する
  • 配布方法によって、費用や効果は異なります。費用対効果を考慮して、最適な方法を選びましょう。

  • 複数の方法を組み合わせる
  • ターゲット層や目的に合わせて、複数の配布方法を組み合わせることも有効です。

4-2. 配布エリアやタイミングを検討する

配布エリアやタイミングを検討することで、より多くの人にチラシを見てもらうことができます。チラシの配布エリアを決める際には、以下の点に注意しましょう。

  • ターゲット層の属性や行動を把握する
  • チラシを受け取るターゲット層の属性や行動を把握しましょう。年齢層、性別、職業、居住地、興味関心など、ターゲット層の属性を把握することで、ターゲット層が集まるエリアを絞り込むことができます。

  • 配布方法のメリット・デメリットを理解する
  • ポスティング、店頭配布、新聞折込、イベント配布など、それぞれの配布方法にはメリットとデメリットがあります。配布方法によって、配布できるエリアが異なるため、配布方法のメリット・デメリットを理解した上で、ターゲット層に適した配布方法を選びましょう。

  • 費用対効果を考慮する
  • 配布エリアを広げれば、より多くの人にチラシを届けることができますが、その分費用も高くなります。費用対効果を考慮して、最適な配布エリアを決めましょう。

  • 配布エリアを絞り込む
  • ターゲット層が集中しているエリアに配布することで、効果を高めることができます。例えば、ポスティングの場合は、ターゲット層の居住エリアを絞り込んで配布することで、無駄な配布を減らすことができます。

  • 配布時期を検討する
  • ターゲット層が行動しやすい時期に配布することで、効果を高めることができます。例えば、イベントやキャンペーンの開催時期に合わせて配布することで、より多くの人にチラシを届けることができます。

    4-3. 効果測定を行い、改善を続ける

    効果測定を行い、改善を続けることで、より効果的なチラシを制作することができます。チラシの配布方法で集客力を高めるためには、効果測定を行い、改善を続けることが重要です。

  • 効果測定の方法
  • 回収率: 配布したチラシに対して、何枚回収されたかを測定します。

    反響率: 回収されたチラシに対して、何件の問い合わせや購入があったかを測定します。

    費用対効果: 配布にかかった費用に対して、どの程度の効果があったかを測定します。

  • 改善点の検討
  • ターゲット層: ターゲット層に適した配布方法や内容になっているか検討します。

    配布エリア: ターゲット層が集まるエリアに配布しているか検討します。

    配布時期: ターゲット層が行動しやすい時期に配布しているか検討します。

    配布方法: より効果的な配布方法がないか検討します。

    内容: ターゲット層の興味を引く内容になっているか検討します。

    デザイン: 目立つデザインになっているか検討します。

  • 継続的な改善
  • 効果測定を行い、改善点を検討することで、チラシの配布方法を改善することができます。改善を続けることで、集客力を高めることができます。

  • 効果測定のツール
  • アンケート: 配布したチラシにアンケートを記載してもらう。

    クーポン: クーポンコードを記載し、使用状況を分析する。

    QRコード: QRコードを記載し、アクセス状況を分析する。

    Webサイト: 配布に関連するWebサイトを作成し、アクセス状況を分析する。

  • 改善のポイント
  • 小さな改善を積み重ねる

    複数の指標を組み合わせる

    長期的な視点で改善を行う

効果測定を行い、改善を続けることで、より効果的なチラシ配布を実現することができます。

チラシビズ

5. チラシ集客3つの成功事例

無料テンプレートを活用して、効果的なチラシ集客を実現した事例をご紹介します。

チラシ

5-1. ターゲット層を明確にして、ニーズを的確に訴求

あるエステサロンでは、20〜30代の女性をターゲットに、ボディメイクやフェイスケアの施術を訴求するチラシを制作しました。チラシでは、ターゲット層が抱える悩みや不安を具体的に挙げ、その悩みを解決できる施術内容をわかりやすく伝えました。また、施術の効果を写真やイラストで効果的に伝えることで、説得力のあるチラシに仕上げました。このチラシの配布により、ターゲット層の反響率が前回比2倍に向上し、新規来店者数も大幅に増加しました。

5-2. 目立つデザインで、興味を引く

ある飲食店では、新メニューの発売に合わせて、チラシを制作しました。チラシのデザインでは、メニューの写真を大きく取り上げ、鮮やかな色使いで目を引くようにしました。また、キャッチコピーには、メニューの美味しさやお得感をアピールする内容を盛り込みました。このチラシの配布により、店頭への来店者数が前回比1.5倍に向上しました。

5-3. 効果測定を実施して、改善を続ける

ある不動産会社では、自社物件の空室対策として、チラシを制作しました。チラシのデザインや内容を何度もテストし、効果の良かったものを採用しました。また、配布エリアやタイミングを検討して、より多くの人にチラシを届けられるようにしました。このチラシの配布により、空室率が前年比で10ポイント減少しました。

6. FAQ: よくある質問と回答

以下は、よくある質問とその回答についてのFAQです。初心者にも分かりやすく、詳細に解説します。

Q1: どのようなテンプレートを選べばいいですか?

A1: 目的や内容に合ったテンプレートを選びましょう。例えば、イベント告知であればイベント内容に合ったデザイン、商品紹介であれば商品写真が映えるデザインなどです。

ターゲット層に合ったデザインを選びましょう。例えば、若い女性向けのチラシであれば、明るく華やかなデザイン、ビジネス向けのチラシであれば、シンプルで落ち着いたデザインなどが効果的です。

テンプレートサイトのレビューや評価を参考にしましょう。実際にテンプレートを使用した人の感想が参考になります。

Q2: テンプレートを編集する際に、どのような点に注意すればいいですか?

A2: フォントサイズや行間を調整して、読みやすいレイアウトにしましょう。

画像やイラストを効果的に使用して、視覚的に訴求しましょう。

配色に注意して、全体のバランスを整えましょう。

誤字脱字がないか、丁寧に確認しましょう。

Q3: おすすめの無料テンプレートサイトはありますか?

A3:Canva:豊富なテンプレートとデザインツールが無料で提供されています。

Adobe Express:高品質なテンプレートと画像素材が無料で提供されています。

PowerPoint:Microsoft Officeに搭載されているソフトで、チラシテンプレートも豊富に用意されています。

Word:Microsoft Officeに搭載されているソフトで、シンプルなチラシを作成することができます。

グラフィック:デザイン素材のダウンロードサイトで、チラシテンプレートも豊富に用意されています。

Q4: 印刷時にどのような点に注意すればいいですか?

A4: 用紙サイズや印刷設定を正しく選択しましょう。

カラーモードをCMYKに変換しましょう。

仕上がりイメージを確認してから印刷しましょう。

Q5: 効果的なチラシデザインのコツはありますか?

A5: ターゲット層を明確にしましょう。

訴求ポイントを絞り込みましょう。

目を引くタイトルやキャッチコピーをつけましょう。

読みやすい文章で書きましょう。

画像やイラストを効果的に使用しましょう。

配色に注意して、全体のバランスを整えましょう。

7. まとめ

以下は、これまでの内容をまとめた無料のチラシテンプレートでデザインするコツについての詳細な解説です。初心者にも分かりやすく、丁寧に説明します。

1. 目的・ターゲットに合ったテンプレートを選ぶ

2. 読みやすいレイアウト、訴求力のある画像・イラスト、バランスの良い配色

3. おすすめテンプレートサイト:Canva、Adobe Express、PowerPoint、Word、グラフィック

4. 印刷時の注意点:用紙サイズ、カラーモード、仕上がりイメージ確認

5. 効果的なチラシデザイン:ターゲット明確化、訴求ポイント絞り込み、魅力的なタイトル・文章、画像・イラストの活用、配色バランス

以上が、無料のチラシテンプレートでデザインするコツです。これらの方法を組み合わせて効果的なチラシを作成してください。

チラシのことはコチラまで

法人営業専門のチラシ制作サービス「チラシビズ」

法人営業専門のチラシ制作サービス「チラシビズ」では、チラシのデザイン・印刷・リストアップ・梱包・発送代行までワンストップで対応いたします。
お客様の大切なメッセージを込めてチラシを作成し、未来の顧客へ直接届けて営業効果の向上につなげます。

お問い合わせはこちら

チラシ新着記事

           
  • 本社所在地 :〒479-0055 愛知県常滑市広内15-5
  • 制作オフィス:〒479-0863 愛知県常滑市西之口7丁目126
  • 営 業 時 間  :9:00〜18:00
  • 電 話 番 号  :0569-76-0654
チラシビス

会社概要 実績 セールス支援 マーケティング支援 ブランディング支援 記事一覧

X